自然公園の概要

 

 

自然公園の概要


 

 
national.gif
kokuritsu_01.gif kokuritsu_02.gif kokuritsu_03.gif kokuritsu_04.gif kokuritsu_05.gif kokuritsu_06.gif kokuritsu_07.gif kokuritsu_08.gif

akan.jpg

akan1.gif [S.9.12.4指定・91,413ha] 
line_01.gif
屈斜路湖・阿寒湖・摩周湖などの雄大なカルデラ湖を中心に、雄阿寒岳・雌阿寒岳などがそびえ、森と湖と火山のおりなす北方的な原始景観を誇る公園です。世界一といわれるほどの透明度を誇る摩周湖は神秘の湖といわれ、また、ラムサール条約に登録されている阿寒湖のマリモは国内で唯一の生育地として特別天然記念物に指定されています。
― みどころ ―
摩周湖、阿寒湖、屈斜路湖、オンネトー、ペンケトー、パンケトー、神の子池などの湖沼
雄阿寒岳、雌阿寒岳、阿寒富士などの山岳
美幌峠、双湖台、小清水ハイランド、裏摩周展望台などからの眺望
硫黄山、阿寒湖のボッケなどの火山現象
  ※平成29年8月8日付け 「阿寒摩周国立公園」に名称変更
 
taisetsuzan.gif [S.9.12.4指定・226,764ha] line_02.gif

 北海道の最高峰・旭岳(2,290m)を主峰とする大雪連峰及び十勝連峰・石狩山群などを含む北海道の屋根ともいわれる山岳公園で、わが国最大の面積を誇る自然公園です。柱状節理の断崖がそそり立つ層雲峡や天然湖である然別湖などすぐれた景勝地が多く、温泉も各地に点在しています。

 

― みどころ ―
層雲峡、天人峡などの渓谷、滝
旭岳、黒岳、白雲岳、トムラウシ山、十勝岳、石狩岳、ニペソツ山などの山岳
姿見の池周辺、裾合平、沼の原、五色ヶ原などのお花畑
然別湖、糠平湖などの湖沼

 

shikotsu1.jpg

shikotsu.gif [S.24.5.16指定・99,473ha] 
line_03.gif
  支笏湖・洞爺湖の2大カルデラをはじめ、現在も活動中である有珠山・樽前山、美しい円錐形の山容で蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山、登別地獄谷をはじめ各所で湧出する温泉など、火山によって生じる様々な地形や現象に身近にふれることができる公園です。新千歳空港や札幌、苫小牧、室蘭などの都市からも近いことから、道内で一番利用者が多い自然公園です。
― みどころ ―
支笏湖、洞爺湖、倶多楽湖などの湖沼
有珠山、昭和新山、樽前山、登別地獄谷などの火山現象
空沼岳、無意根山、羊蹄山、恵庭岳などの山岳
オロフレ峠、中山峠などからの眺望

 

shiretoko1.jpg

shiretoko.gif [S.39.6.1指定・38,636ha] line_04.gif
 北海道の東北端、オホーツク海に向かって細長く伸びる知床半島は、日本に残された最後の原生地域ともいわれ、険しい連峰と奥深い原生林、海蝕崖による豪壮な海岸風景などの景観と、海岸・草原・森林・河川・湖沼・高山などのさまざまな環境の中に原生的で多様な生態系が一地域にまとまっているのが特徴です。
― みどころ ―
羅臼岳、硫黄山、知床岳
知床五湖、羅臼湖などの湖沼
知床岬、岩尾別などの海蝕崖
知床峠の展望
フレペの滝、カムイワッカ湯の滝

 
rishiri.gif [S.49.9.20指定・24,166ha] line_05.gif

 日本最北に位置する自然公園で、利尻富士と呼ばれる美しい利尻山を擁する利尻島、高山植物の宝庫・礼文島、砂丘列の発達した抜海・稚咲内海岸、サロベツ川流域に形成されラムサール条約に登録されている広大なサロベツ原野など変化に富む景観を誇り、また、国内有数の渡り鳥の中継地としても知られています。

 

※利尻礼文サロベツ国立公園パンケ沼園地

  改修工事のお知らせ

 

 

― みどころ ―
利尻山
久種湖、姫沼、オタドマリ沼などの湖沼
サロベツ原野、礼文島桃岩などの植物群落
抜海、稚咲内の海岸草原と砂丘林
礼文島西海岸の海蝕崖
スコトン岬、桃岩などからの眺望



kushiro1.jpg
kushiro.gif [S.62.7.31指定・28,788ha]
line_06.gif
 市街地に接して広がる湿原を主体とした世界でもまれな公園です。その大部分はヨシ草原とハンノキ林などからなる低層湿原で、蛇行する原始河川などとあいまって広大な水平的景観を呈しています。特別天然記念物のタンチョウなど貴重な動植物の生息・生育地でもあり、湿原の主要部は「ラムサール条約」の登録湿地に指定され、国際的にも高く評価されています。
― みどころ ―
塘路湖、シラルトロ湖、達古武湖、赤沼などの湖沼
細岡、サルボ、コッタロ、恩根内、北斗等からの眺望
quasi_national.gif
kokutei_01.gif kokutei_02.gif kokutei_03.gif kokutei_04.gif kokutei_05.gif kokutei_06.gif kokutei_07.gif

abashiri1.jpg

abashiri.gif [S.33.7.1指定・37,261ha]
line_07.gif
  網走を中心とするオホーツク海岸とサロマ湖能取湖・網走湖・濤沸湖・藻琴湖などの7つの海跡湖からなっており、起伏の少ない平地風景を特色としています。海岸線の砂丘に広がる原生花園や冬のオホーツク海の流氷、春秋の渡り鳥など季節ごとに特徴的な景観を呈しています。なお、濤沸湖はラムサール条約の登録湿地になっています。
―みどころ―
サロマ湖、網走湖などの湖沼
小清水海岸・ワッカなどの原生花園
天都山、幌岩山、能取岬などからの眺望
能取湖のアッケシソウ、女満別のミズバショウ
流氷、ハクチョウなどの冬季景観
syousai_kokutei.jpg
 
oonuma.gif [S.33.7.1指定・9,083ha]
line_08.gif

 北海道の玄関・函館市の北方に位置し、駒ヶ岳を中心にして大沼などの湖沼を含み、北海道には珍しい繊細な箱庭的風景を特色としています。大沼・小沼・蓴菜沼の3湖は駒ヶ岳の噴火によって生まれた湖で、大沼は駒ヶ岳を背景として大小百数十の小島を浮かべ、「湖の松島」ともいわれる美しい風景を展開しています。

 

―みどころ―
駒ヶ岳の火山
大沼、小沼、蓴菜沼の湖沼
日暮山、駒ヶ岳などからの眺望

syousai_kokutei.jpg


 

niseko1.jpg

niseko.gif 
[S.38.7.24指定・19,009ha]
line_09.gif
  1,000m級の山々がそびえるニセコ連峰と雷電海岸、積丹半島から小樽に至る海岸を含む海陸にわたる公園で、ニセコアンヌプリ・チセヌプリ・目国内岳などのすぐれた山岳景観と、海蝕崖の連続する豪壮な海岸風景を特色としています。また、道内の公園で唯一、海中公園地区が指定されています。
―みどころ―
ニセコ連峰
雷電海岸、神威岬、積丹海岸などの海蝕海岸
神仙沼、コックリ湖などの山岳湖沼、湿原
イワオヌプリ、チセヌプリ、五色温泉周辺などのお花畑
syousai_kokutei.jpg


hidaka1.jpg

 

hidaka.gif [S.56.10.1指定・103,447ha]
line_091.gif
 北海道中央南部を南北約150kmにわたって走る峻険かつ自然性の高い日高山脈を中心に、その山系が南に伸びて太平洋に没する襟裳岬の海岸景観などからなる、わが国最大の国定公園です。アポイ岳は特異な地質による固有植物が多く、標高が低いにもかかわらず高山植物の宝庫といわれています。
―みどころ―
幌尻岳、カムイエクウチカウシ山などの山岳
アポイ岳、七ツ沼カール周辺などのお花畑
額平川、美生川などの渓谷
襟裳岬、百人浜、広尾海岸などの海岸
日勝峠、アポイ岳などからの眺望
syousai_kokutei.jpg
 
syokanbetsu.gif [H.2.8.1指定・43,559ha]
line_092.gif

 暑寒別岳を主峰とする山岳・渓谷・山地型湿原と雄冬岬・送毛・濃昼の海蝕海岸の地域及び日本海に浮かぶ天売・焼尻両島の地域からなる、自然性の高い変化に富んだ景観を特色とする公園です。
 なお、暑寒別岳の東側斜面に広がる雨竜沼湿原は、「ラムサール条約」の登録湿地に指定されています。

 

―みどころ―
暑寒別岳、群別岳、雄冬山、黄金山などの山岳
雨竜沼の高層湿原及び池塘
暑寒別岳などのお花畑
ペンケペタン、恵岱別の渓谷
雄冬岬、送毛、濃昼の海蝕海岸
天売島の海蝕海岸及び海鳥繁殖地
焼尻島の海蝕海岸及びオンコ林

 
syousai_kokutei.jpg
prefectural1.gif
douritsu_01.gif douritsu_02.gif douritsu_03.gif douritsu_04.gif douritsu_05.gif douritsu_06.gif douritsu_07.gif
douritsu_08.gif douritsu_09.gif douritsu_10.gif douritsu_11.gif
douritsu_12.gif douritsu_13.gif douritsu_14.gif
                       
spacer.gif

 

akkeshi.gif [S.30.4.19指定・21,523ha]
line_093.gif

 尻羽岬から霧多布にかけて広がる海蝕海岸や厚岸湖・火散布沼・藻散布沼などの海跡湖沼群、タンチョウも生息する霧多布湿原などからなる公園で、変化に富んだ景観を特徴としています。霧多布湿原は泥炭形成植物群落として国の天然記念物に指定されており、厚岸湖とともに「ラムサール条約」の登録湿地にも指定されています。

 

―みどころ―
厚岸湖、火散布沼などの湖沼
霧多布の湿原
アイカップ岬、尻羽岬などの海蝕崖
アヤメが原などの湿生植物群落

syousai_douritsu.jpg


furano1.jpg
furano.gif [S.30.4.19指定・35,756ha]
line_094.gif
 北海道中央部の夕張山系を中心に、周辺に点在する桂沢湖・シューパロ湖・野花南湖などの湖沼を主な区域とし、秀麗な山岳と森閑とした湖沼を特徴とする北国らしい景観を誇る自然公園です。ユウバリソウやユウバリコザクラなどの固有種をはじめとする夕張岳の高山植物群落は、特異な地質構造とともに国の天然記念物に指定されています。
―みどころ―
芦別岳、夕張岳などの山岳
桂沢湖、シューパロ湖などの湖沼
夕張岳山頂などの高山植物
syousai_douritsu.jpg
 

hiyama1.jpg

hiyama.gif [S.35.4.20指定・17,013ha]
line_095.gif
  渡島半島西海岸沿いに点在する地域と奥尻島全域からなる公園で、日本海の強風と波浪などによって形成された海蝕崖と海岸段丘が連続し、勇壮な岩石海岸地形となっています。また、夷王山や鴎島地区に代表されるように、北海道の文化の黎明期に造られた社寺・城跡・墳墓などが点在し、自然と文化が共存する北海道ではまれな景観を有しています。
―みどころ―
鴎島、鮪ノ岬、奥尻島稲穂岬などの海岸
夷王山などの史跡
見市川上流部の渓谷
syousai_douritsu.jpg



 
esan.gif [S.36.6.1指定・4,116ha]
line_096.gif

 渡島半島の東南海岸部に位置する公園で、雄大な鐘状火山である恵山と亀田半島の最高峰である横津岳を中心に高山植物群落、太平洋と津軽海峡の波浪を受けて形成された海蝕崖や奇岩など、変化に富んだ景観を観賞できるのが特徴です。また、火山・海岸・渓谷と異なった地形にそれぞれ利用拠点となる温泉地を有し、保養・自然探勝・登山など多目的な公園利用がなされています。

 

―みどころ―
恵山の荒涼とした火口原とお花畑
日浦岬、恵山岬、武井の島などの海蝕海岸
横津岳から袴腰岳の高山植物とアヤメ湿原
川汲温泉周辺の渓谷
海中の泉源からわき出す湯を利用した椴法華地区の水無海浜温泉

syousai_douritsu.jpg
 


notsuke1.jpg

notsuke.gif [S.37.12.27指定・11,692ha]
line_097.gif
 雄大な根釧台地の水平景観を背景とし、ラムサール条約に登録されている野付半島・風蓮湖を中心に、海跡湖・砂丘やそれをとりまく森林・湿原などからなる道東らしい風景を特色とする公園です。海岸湿原・湖沼群には湿生植物・野鳥が多数生育・生息しており、植生・野鳥観察のために訪れる人も多数見られます。
―みどころ―
風蓮湖、温根沼、長節湖の湖沼
野付半島、尾岱沼の砂州
野付半島のトドワラ、春国岱のアカエゾマツ林
流氷、ハクチョウ
タンチョウ・オジロワシなどの野生動物
syousai_douritsu.jpg


 
matsumae.gif [S.43.5.15指定・2,052ha] 
line_098.gif

 渡島半島西南部の海岸地域と渡島大島・小島の二つの離島からなる公園で、切り立った海蝕崖と岩礁・奇岩・海蝕洞などからなる荒々しい海岸風景は、崖上に生育するツツジ・シャクナゲなどの植物に彩られ、すぐれた景観を誇っています。また、大島・小島は海鳥の繁殖地で、国の天然記念物に指定されています。

 

―みどころ―
矢越岬、白神岬などの海蝕海岸
大島、小島
海峡を挟んで眺望できる津軽半島

syousai_douritsu.jpg
 


ohotsuku1.jpg

ohotsuku.gif 
[S.43.5.15指定・3,927ha]
line_099.gif
 北海道北部のオホーツク海に沿った公園で、クッチャロ湖・モケウニ沼などの天然湖沼が点在し、その周辺の湿原や海岸砂丘に広がるベニヤ原生花園など、広々とした北方的景観を特徴としています。また、コハクチョウなどの水鳥類の大規模な飛来地となっているクッチャロ湖は、「ラムサール条約」の登録湿地として指定されています。
―みどころ―
クッチャロ湖、モケウニ沼などの湖沼
ベニヤ海岸の原生花園
ウスタイベ、神威岬などの海岸
流氷、ハクチョウ
syousai_douritsu.jpg




nopporo1.jpg
nopporo.gif [S.43.5.15指定・2,053ha]
line_0991.gif
 大都市近郊としてはまれな大面積の平地林からなる公園です。比較的よく残された天然林や草地・小川・池など多様な環境がそろっているため、様々な野鳥・動物・昆虫・草花など四季折々の変化に富んだ自然を楽しむことができます。また、公園の一部は北海道開拓の歴史を記念する地区として指定され、百年記念塔・開拓記念館・開拓の村などの施設が設置されています。
―みどころ―
瑞穂の池、大沢地区周辺などの天然林
野鳥・草花
歩くスキー
syousai_douritsu.jpg


 
kariba.gif [S.47.6.23指定・22,647ha]
line_0992.gif

 道南の最高峰・狩場山を中心とする山岳地域と日本海沿岸の海蝕海岸からなる公園で、山間部には滝・渓流・瀬などが点在し、山麓部に広がる原野と周辺の森林が調和した神秘的で美しい景観をつくりあげています。また、海岸部は、激しい波浪により形成された急峻な海蝕崖・岩礁などにより、変化に富んだ景観となっています。

 

―みどころ―
狩場山などの山岳
泊川、熊戻渓谷、賀老の滝などの渓谷
茂津多岬、弁慶岬、三本杉などの海岸

syousai_douritsu.jpg
 

 

syumarinai.gif [S.49.4.30指定・13,767ha]
line_0993.gif

 道北内陸部に位置する日本最大の人造湖・朱鞠内湖を中心とした公園で、日本最寒の地としても知られています。針広混交林からなる鬱蒼とした森林に囲まれた朱鞠内湖と宇津内湖は、複雑な入江と大小の島々を有し、もやにけむる湖面や湖岸に点在する立ち枯れた古木などが幽玄な雰囲気を漂わせ、天然の湖をしのぐほどの原始的で神秘的な景観を特徴としています。

 

―みどころ―
朱鞠内湖、宇都内湖の湖沼
ピッシリ山などの山岳
釜ヶ淵、二重の滝などの渓谷

syousai_douritsu.jpg


 

teshiotake.jpg

teshio.gif [S.53.1.6指定・9,348ha]
line_0994.gif
  標高1,558mの天塩岳を中心とする公園です。天塩岳・渚滑岳・ウエンシリ岳の山頂から山腹にかけて広がる区域一帯は人為的な影響が少なく、山稜地帯の高山植物群落や狭隘な渓谷などは、特に原始性に富んだ地域となっています。また、野生動物も数多く生息しており、登山や自然探勝の場として利用されています。
―みどころ―
天塩岳、ウエンシリ岳などの山岳・渓谷
高山植物群落や野生動物
syousai_douritsu.jpg


 

syaridake.gif [S.55.11.13指定・2,979ha]
line_0995.gif

 円錐状の美しい火山である斜里岳の山頂部から山腹にかけての一帯を区域とする公園です。斜里岳は地域を代表するすぐれた山岳景観を有し、豊富な高山植物群落やユキウサギ・エゾリス・エゾモモンガなどの小型の哺乳類のほかに、ヒグマやエゾシカなども多く生息するなど、動植物の宝庫ともいえる原始性豊かな自然を誇っています。

 

―みどころ―
斜里岳の山岳・渓谷
山頂からの眺望
高山植物群落や野生動物

syousai_douritsu.jpg
北海道ホームページ | 自然環境課トップ | このページのTOPへ戻る
Copyright (C) HOKKAIDO Government all rights reserved.

カテゴリー

page top