「どさんこ食べきり協力店制度」について

どさんこ食べきり協力店」に登録しませんか!

協力店

北海道では、「食品ロス」の削減につながる取組を実施する食品関連事業者の方を「どさんこ食べきり協力店」として登録しています。
対象店舗は、道内で営業する飲食店、宿泊施設、食品小売店で、次の「登録の要件」に示した食品ロス削減の取組を実施している事業者です。
道と一緒に食品ロス削減に取り組みませんか。詳しくは下記のほか「どさんこ食べきり協力店制度実施要領」、「登録店舗の募集」をご覧ください。

登録の要件

次のうち、1つ以上の取組を実践していることが登録の要件です。

1飲食店・宿泊施設の場合

  1. 小盛りやハーフサイズメニューの設定
  2. 食べ残しをしなかった場合の割引や特典の付与
  3. 容器の提供など持ち帰り希望への対応
  4. ポスター等の掲示による食品ロス削減の啓発の実施
  5. 上記以外の食品ロス削減につながる取組

食品小売店の場合

  1. ばら売り、量り売り、少量パックによる販売
  2. 賞味期限・消費期限の迫った商品の値引き販売
  3. 食材使い切りレシピや残り物アレンジレシピの紹介
  4. ポスター等の掲示による食品ロス削減の啓発の実施
  5. 上記以外の食品ロス削減につながる取組

登録のメリット

  1. 道が登録事業者の情報と取組をホームページ等で紹介しますので、知名度向上につながります。
  2. 食品ロスなどの問題に積極的に取り組む事業者としてPRできるので、イメージ向上につながります。
  3. 食品ロスなどの問題に敏感な消費者にアピールできるので、誘客面での効果も見込めます。

登録の方法

登録申請書に必要事項を記載の上、Eメール、FAX、郵送または持参のいずれかの方法で提出してください。

【提出先】北海道農政部食の安全推進局食品政策課〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目、E-mail:slow.food@pref.hokkaido.lg.jp、FAX011-232-7334

様式

登録済み協力店

登録済み協力店舗は、現在2305店舗です。(令和4年(2022年)9月22日現在)

マップ

飲食店・宿泊施設

後志、胆振、日高

檜山、上川、留萌、宗谷、オホーツク、十勝、釧路、根室

食品小売店

後志、胆振、日高

檜山、上川、留萌、宗谷、オホーツク、十勝、釧路、根室

カテゴリー

食の安全推進局食品政策課のカテゴリ

page top