北の総合診療医 - その先の、地域医療へ | 倶知安厚生3

倶知安厚生病院Kutchan-Kosei General Hospital

kutchan3_mainimg.png

2019.03.14 記事

外来調剤業務や抗がん剤調整業務などとともに、主に総合診療科の病棟業務を担当している山田薬剤師。総合診療科との協働から仕事への取り組み方を学び、自分の仕事に生かしていきたいと目標を掲げています。

医師と薬剤師の距離が近く、
薬剤調整に関するディスカッションがしやすい

「総合診療科は性別問わず、若い方から高齢の方まで様々な疾患をもつ患者さんの受け皿となっていると思います」と語る山田さん。

中でも、特に高齢者は複数の疾患を併存していることが多く、服用する薬剤数も多くなっていることがあると話します。山田さんは「総合診療科の病棟薬剤師としては、そういったポリファーマシー(多剤併用)への取り組みがより重要であると感じています」。

山田さんは、ポリファーマシー(多剤併用)以外にも例えば、患者さんが訴える症候に対して、薬剤師として副作用を疑った際に、医師との距離が遠い場合などは、それ以降のステップがなかなか踏めないこともあったといいます。

しかし、倶知安厚生病院の総合診療科は「医師と薬剤師の距離が近く、薬剤調整に関するディスカッションをしやすい環境があります」とキッパリ。

ディスカッションをして「総合診療科の先生方の、診断までの思考過程などを共有していただくことで、薬剤師としても患者さんが訴える症候の副作用らしさについて、根拠を持って意見を伝えられることもあります」。

「結果として、患者さんの不利益などを避けることができれば、それはやり甲斐につながります」。

薬剤調整は総合診療科の医師と協働しながらアプローチ

さらに、薬剤調整に関しても、「他の診療科や他施設の処方薬剤に対しては、なかなか調整しづらい背景がある」ということですが、そうした中で、総合診療科の先生方と協働しながらアプローチをしていく必要性を感じ、「少しずつですがカンファレンスなどで実践させてもらっています」と話します。

山田さんが総合診療科での仕事をする中で感じていることとして、患者さんの社会的背景はそれぞれ異なるため、総合診療科における薬剤調整は単純にはいかないことがあるといいます。

「例えば、入院中に薬剤を追加や調整をしたところで、患者さんが退院後も継続して服用することができなければ、意味がありません。日頃、木佐先生から教えていただいているように、退院後の患者さんの服薬支援体制や、経済面などの社会的背景を十分に考慮して薬剤調整を進めていく必要性と、その奥深さを感じています」と、“幅広く診る”、“患者さんが置かれている環境などを考える”総合診療科の考え方を、薬剤師としての自分の仕事に取り入れてきています。

  • kutchan3_img1.jpg
  • kutchan3_img2.jpg

患者さんやご家族の薬剤に対する想いを尊重しつつ、
落としどころを見つけていく

中でも緩和ケアにおける薬剤調整では、薬剤に対する医療者の認識と、患者さんやご家族の認識が異なる場合があるといいます。そういったときに、「医療者の認識を一方的に押し付けるのではなく、患者さんやご家族の薬剤に対する想いなどを尊重しつつ、落としどころを見つけていくことの重要性は、総合診療科病棟の医師や、緩和ケア認定看護師と一緒に働いていて強く感じています」。

総合診療科の医師から学んだことを後輩教育に活かしたい

山田さんは、とても恵まれた環境で仕事をしていると感じているといいます。そして今後は、「総合診療科の先生方から日々学んでいることを自分自身だけで消化せずに、後輩教育などに更に活かしていきたいと思っています」とこれからの目標を語ってくれました。

すでに目標達成への取り組みとして、薬剤科で山田さんを含めた若手薬剤師が企画する症例検討会を定期的に開催しているそうです。

「適宜、総合診療科の先生方の考え方や、薬剤調整のアプローチ方法などを共有させていただいています。後輩の薬剤師も私と同様に総合診療科の先生方のアプローチに刺激を受けており、共に学びを深めていっています」。

山田さんは、「偉そうなことを言ってしまいますが、こういった取り組みについて、私を含めた若手薬剤師が中心となり継続し、質を高めていくことで、より多くの患者さんに貢献できればと思っています」と話してくれました。

こうした活動の礎となっているのは言うまでもなく、総合診療科が実践する地域医療への真摯な取り組みによるものでしょう。

  • kutchan3_img3.jpg

倶知安厚生病院のほかの医療スタッフのインタビューもご覧ください

  • etc1.png
  • etc2.png
  • etc4.png
link_btn.png link_btn2.png

カテゴリー

page top