スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  第2期 北海道自殺対策行動計画について

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 健康・医療・衛生 > 精神保健医療

最終更新日:2015年6月18日(木)


第2期 北海道自殺対策行動計画について


 

第2期 北海道自殺対策行動計画

 

- 自殺を考えている人を一人でも多く救うために -

 
  

 北海道における自殺者数は、近年、減少してきていますが、依然、毎年1,300人あまりの方々が自ら尊い命を絶つという大変深刻な状況となっています。 

 自殺には、経済や生活の問題をはじめ、健康や家庭の問題などが複雑に関係し、個人の問題として片付けらない様々な要因が背景にあることが多いことから、その対策は、社会全体で取り組まなければならない喫緊の課題となっています。
 このため道では、平成20年に策定した「北海道自殺対策行動計画」に基づき、取り組んできたところですが、新たに国において作成された自殺総合対策大綱や本道の実情を踏まえ、今後5年間の自殺対策を総合的、効果的に進めるために「第2期 北海道自殺対策行動計画」を策定しました。

 この行動計画により、「自殺を考えている人を一人でも多く救うこと」を目標に、保健・医療・福祉や教育、労働等に関する機関・団体、大学・研究機関、警察機関等と連携して、9項目の当面の重点施策と36項目の具体的取組を推進してまいります。

 

 

 第2期 北海道海道自殺対策行動計画(全文)PDF

 

 ・ 表紙・目次(PDF)

 

 ・ 本文(PDF)

 

 ・ 資料編(PDF)

     北海道における自殺の状況(PDF)

     自殺対策基本法(PDF)

     自殺総合対策大綱(PDF)

     北海道自殺予防対策連絡会議設置要綱(PDF)

     北海道自殺予防対策連絡会議「計画部会」設置要綱(PDF)

 

 

 

 

 

                                             ◆自殺対策関連情報のページに戻る

 

問い合わせ先

北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課 精神保健グループ

TEL 011-231-4111(内線25-711)

FAX 011-232-4068

電子メール hofuku.shohuku1■pref.hokkaido.lg.jp

※■に@を入れてご使用ください

 

●各種ビューアについて

 このページのなかには特定のアプリケーションで作成された情報がありますが、

それらを閲覧するために下記の無料ソフトを利用することが出来ます。

 なお、ご利用にあたってはそれぞれのソフトに添付されている取扱説明をよく読んで

いただき、ご使用ください。

Adobe Reader