パスポートの紛失(北海道パスポートセンター)

  • 有効なパスポートを紛失・盗難・焼失したときは、速やかにパスポート窓口に届け出を行ってください。
  • 新たにパスポートが必要な方は、紛失届の提出と併せて新規申請の手続きが必要です。

申請に必要な書類 (紛失届の提出と同時に新規申請をする場合)

次の書類等を用意して、必ずご本人がパスポート窓口へお越しください。

1.一般旅券発給申請書(10年用・5年用)1 通

  • 10年用と5年用で申請書が異なります。
  • 一般旅券発給申請書は、北海道パスポートセンター、各総合振興局・振興局、市町村役場に置いているほか、外務省のホームページ「パスポート申請書ダウンロード」から印刷できます。
  • 18歳未満の方は、5年間有効なパスポートの申請のみとなります。また、未成年の方は法定代理人(親権者等)の署名が必要になりますので、この下のリンク「未成年の方の申請」もご確認ください。

2.紛失一般旅券等届出書1通

  • 紛失一般旅券等届出書は、北海道パスポートセンター、各総合振興局・振興局、北海道が旅券に関する事務の権限を委譲した市町村役場に備え置いているほか、外務省のホームページ「パスポート申請書ダウンロード」から印刷できます。
  • パスポートを紛失等した経緯、状況を詳細に記入していただきます。
  • 未成年者の方は、法定代理人(親権者等)の署名が必要です。親権者や未成年後見人が遠隔地に在住している等の理由で「法定代理人署名」欄に署名ができない場合は、「紛失届同意書」に親権者または後見人の署名をして「同意書の郵送に使われた封筒」と一緒に提出してください。

3.立証書類1通

盗難、紛失の場合

  • 警察署発行の遺失届または盗難届受理証明書(入手困難の場合は、届出の受理番号)

焼失の場合

  • 消防署又は市町村発行の罹災証明書

立証書類が提出できないときは、窓口にご相談ください。

4 .戸籍謄本または抄本(6か月以内に発行されたもの)1通

  • 電算化された戸籍では、戸籍謄本は「全部事項証明書」、戸籍抄本は「個人事項証明書」になります。
  • 戸籍内のご家族の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で申請することができます。
  • 2ページ以上のものを本人分だけ切り離して提出されたものは無効です。

5.パスポート用の写真2枚(6か月以内に撮影されたもの、申請書等に貼らずにお持ちください)

適当な写真例

パスポート用写真サンプル

  • 申請者本人のみが正面を向いて撮影されたもの。
  • 無帽で背景や影がなく、目や顔、頭の輪郭が隠れていないもの。
  • ふちなしで縦45ミリメートル、横35ミリメートル。
  • ふちなしで縦45ミリメートル、横35ミリメートル。
  • カラーでも白黒でも可。
  • 写真の裏面下部に名前を記入し、申請書に貼らずにお持ちください。(筆圧が強いと表面に文字が浮かび上がるため、ご注意ください。)

不適当な写真の例


× 不鮮明なもの(焦点が合っていないもの、変色、明るさが不適切)、傷や汚れのついたもの。
× 背景と人物の境目がわかりにくいもの、背景の色が濃いもの、影のあるもの。
× 眼鏡のレンズに光が反射したもの。
× 眼鏡のフレームや髪(影を含む)が目にかかっているもの。
× 笑うなどして、平常の顔貌と著しく異なるもの(口を開き必要以上に歯が見えているものなど)。
× 髪の毛、サングラス、マスクなどで目・鼻・口を隠すなど顔が確認しにくいもの。
× 髪の毛、大きなアクセサリーや襟、マフラーなどで顔の輪郭が隠れたもの。
× 幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れているもの。
× 写真専用紙以外の用紙に印刷したもの。
× デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)があったり、画質が不適切なもの、左右が反転しているもの、画像データを加工処理したもの。
× カラーコンタクトレンズ、瞳のフチを広げるコンタクトレンズ(ディファイン等)を装着しているもの。 

不適当な写真については、撮り直しをお願いする場合があります。
パスポートの顔写真は、国際規格で規定されています。写真の規格について、詳しくは、こちらをご覧ください。→旅券用提出写真についてのお知らせ (PDF 2.44MB)

6.本人確認書類

原本に限ります。コピーでは受け付けできません。

1.次のものから1点を提示してください。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)、写真付きの住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)
  • 写真付きの身体障害者手帳(写真張り替え防止がなされているもの)

上記以外の書類については、こちらをご確認ください。→本人確認書類

2.上記1の書類がないときは、次のA欄から2点または、A欄とB欄から各1点ずつを提示または提出してください。B欄から2点では受け付けできません。

A欄
A 健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証
介護保険被保険者証
後期高齢者被保険者証
国民年金手帳(証書)、厚生年金手帳(証書)、恩給証書、船員保険年金手帳(証書)、共済組合年金証書
印鑑登録証明書(登録印鑑も必要、6か月以内に発行されたものを提出)

 

B欄
B 学生証(写真付き)、中学校の生徒手帳(学校長の押印があるもの、写真がなくても可)
在学証明書(学校教育法第1条に規定する学校が発行したもの、提出)
会社の身分証明書(写真付き)
日本国旅券(失効後6か月を経過したもの)
自衛官診療証
写真付きの身体障害者手帳(写真張り替え防止がなされていないもの)
高齢受給者証
各種医療受給者証
資格証明書(国務大臣又は都道府県知事発行のもの)
本籍地市町村発行の身分証明書(6か月以内に発行されたもの、提出)

上記以外の書類については、こちらをご確認ください。→本人確認書類

 

7.その他の書類(該当する方のみ)

住民票

北海道内に住民登録がある方は、住基ネットで確認しますので、原則不要です。
転入届を提出した当日にパスポートを申請する方や道外に住民登録があり居所申請に該当する方は6か月以内に発行された住民票が1通必要です。

紛失届の提出のみの場合

新しいパスポートを申請せず、紛失届のみ提出する場合は、上記 2、3、5、6、7 を用意して、必ずご本人がパスポート窓口にお越しください。ただし、5の写真は紛失届貼付用の1枚のみ、7の書類は該当する方のみ必要です。

留意事項

・紛失一般旅券等届出書を提出されたときは、そのパスポートは外務省において失効処理がなされた後、そのパスポートの旅券番号、発行年月日、失効年月日が官報に掲載され、かつ、海外の関係当局に通知されます。 後日、紛失届の提出をしたパスポートが発見されても使用することができませんのでご注意ください。また、提出した紛失一般旅券等届出書を取り下げることはできません。
・北海道でパスポートの申請ができるのは、原則として北海道内に住民登録がある方です。
 また、北海道が旅券事務の権限を移譲した市町村に住民登録がある方は、原則としてその市町村での申請・受取になります。→こちらの市町村別窓口一覧でご確認ください。
・住民登録が他の都府県にある方や北海道が旅券事務の権限を移譲した市町村に住民登録がある方でも、北海道パスポートセンターまたは総合振興局・振興局で申請できる場合があります。詳しくはこちらをご確認ください。→居所申請の詳しい説明へ

受取について

次のものをお持ちいただき、必ずご本人が窓口へお越しください。

  1. 申請受付の時にお渡しした引換証
  2. 手数料(収入印紙と収入証紙を引換証に貼付して納めていただきます。)
  • 10年旅券 収入印紙14,000円 北海道収入証紙 2,000円
  • 5年旅券 収入印紙 9,000円 北海道収入証紙 2,000円
  • 12歳未満の方 収入印紙 4,000円 北海道収入証紙 2,000円

受取時には、氏名、生年月日、性別、本籍地などが間違っていないか、必ずよく確認してください。

パスポートは、発行日から6か月以内に受け取らなければ、失効するためお渡しできません。速やかに受け取りにお越しください。

受取予定日

パスポートセンター
   閉庁日(土・日・祝日・年末年始)を除き、申請日を1日目として、6日目
   受取予定日カレンダー 2022年4~6月 (PDF 45KB)

総合振興局、振興局、権限移譲市町村の窓口
   約2週間後からとなります。祝日・年末年始を挟む場合はさらに日数を要します。
   詳しくは各窓口にお問い合わせください。

カテゴリー

国際局国際課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部国際局国際課パスポートセンター

〒060-0004札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 ビル4 階

電話:
011-219-3388

page top