パスポート申請の際の留意事項

1 居所(住民登録地以外)での申請について

  • 次に該当する方は、住民登録が他の都府県にある場合、または北海道が旅券事務の権限を移譲した市町村に住民登録があっても、北海道パスポートセンターまたは総合振興局・振興局で申請することができます。
  •  市町村の窓口で申請できるのは、その市町村に住民登録がある方だけです。

  道外に住民登録をしているが、学生、単身赴任等で一時的に道内にお住まいの方

 申請に必要な書類に加えて、発行後6か月以内の住民票、居所申請申出書を提出するほか、道内に居所があることを示す書類(所在地の記載がある学生証または社員証、勤務先の在籍証明書、アパートの賃貸借契約書のうち1点。これらがご用意できない場合はお問い合わせください。)を提示または提出してください。代理提出はできませんので、必ずご本人がパスポート窓口にお越しください。

  道内の権限移譲市町村に住民登録をしているが、学生、単身赴任等で一時的に道内の他の市町村にお住まいの方

 申請に必要な書類に加えて、居所申請届出書を提出するほか、居所を示す書類(所在地の記載がある学生証または社員証、勤務先の在籍証明書、アパートの賃貸借契約書のうち1点。これらがご用意できない場合はお問い合わせください。)を提示または提出してください。

  道内の権限移譲市町村に住民登録があり実際にその市町村に住んでいるが、他の市町村に所在する学校、会社等に通学または通勤されている方

 通学先及び通勤先を居所ととらえ、居所申請をすることができます。
 申請に必要な書類に加えて、居所申請申出書を提出するほか、通学先・勤務先を示す書類(所在地の記載がある学生証または社員証、勤務先の在籍証明書のうち1点)を提示または提出してください。

  一時帰国の方

 申請に必要な書類に加えて、一時帰国であることを示す書類(査証または再入国許可のある旅券、永住証明書等)を提示または提出してください。代理提出はできませんので、必ずご本人がパスポート窓口にお越しください。

2 未成年者の方の申請について

  • 未成年の方は、10年間有効なパスポートの申請はできません。
  • 未成年の方がパスポートの申請する場合には、一般旅券発給申請書(5年用)裏面にある「法定代理人署名」欄 に 親権者である父、母または未成年後見人の署名(同意)が必要です。親権者や未成年後見人が遠隔地に在住している等の理由で一般旅券発給申請書(5年用)裏面の「法定代理人署名」欄に署名ができない場合は、「旅券申請同意書」に親権者または後見人の署名をして「同意書の郵送に使われた封筒」と一緒に提出してください。
  • 旅券申請同意書はこちらからダウンロードしてお使いください。
     <旅券申請同意書のダウンロード(PDFファイル)
    なお、 旅券申請同意書の用紙は、パスポートの申請窓口にも置いています。

3 代理提出について

  • 申請の手続きは、代理の方でもできます。
  • 有効なパスポートを紛失・焼失・損傷された方、刑罰等関係に該当する方、道外に住民登録(住民票)があり居所申請する方は、代理提出はできません。
  • 申請書表面「所持人自署」「刑罰等関係」、「申請書類等提出委任申出書」の申請者記入欄は、代理の方でなく必ず申請者本人が記入してください。
  • 申請者本人の申請に必要な書類一式のほか、引受人についても本人確認書類(原本)が必要です。代理提出の場合であっても、申請者の本人確認書類は必ず原本をお持ちください。コピーでは受理できません。
  • パスポートの受取は、査証欄の増補を除き代理の方が受け取ることはできません。

4 その他

  • 郵送によるお取り扱いは、一切できません。
  • 北海道の機関(パスポートセンター、各総合振興局・振興局)の窓口で申請し、申請と異なる窓口(北海道パスポートセンター、総合振興局・振興局の間、市町村の窓口は不可)でパスポートの受取を希望する方は、申請時に申し出てください。
  • 申請書の刑罰等関係欄の「はい」に該当する方は、市町村の旅券窓口では受け付けできません。事前に北海道パスポートセンターまたは総合振興局・振興局の窓口までご連絡ください。
  • 過去に旅券の申請をし、受領しなかった方は、必ず申請時に申し出てください。
  • 受理された申請の取り下げはできません。

カテゴリー

お問い合わせ

総合政策部国際局国際課パスポートセンター

〒060-0004札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 ビル4 階

電話:
011-219-3388

page top