赤潮被害へのふるさと納税を活用した支援

赤潮被害へのご支援をお待ちしております

赤潮被害へのご支援を・・・

チョイスバナー234_60.png

寄附のお申込みはこちらから

赤潮とは

浜中町 ドローン空撮

プランクトンの異常増殖や集積により、海や湖などの水の色が変色する現象です。原因となるプランクトンの種類によっては、呼吸が阻害されることなどにより魚介類が大量死する被害が発生します。

赤潮被害の状況・・・支援が必要なわけ

釧路町仙鳳趾

魚の大量死

2021年9月から太平洋沿岸で発生している「赤潮」により、根室管内から日高管内にかけてサケ約26,900尾、ウニ約2,700トンに被害が出たほか、ツブ貝や養殖サクラマスなどの魚介類にも被害が及んでおり、80億円を超えた被害額は今後さらに拡大するとみられています。(11月5日現在)

今回の被害が回復するまでには、3年以上の年月がかかります。この間漁業ができなくなる漁業者の皆さんが、再び漁を営むことができるよう、道ではふるさと納税の代理受付を行い、市町が取り組む赤潮被害対策を応援します。

赤潮被害の最新情報はこちらからご確認ください

ふるさと納税代理受付のしくみ

代理納付のしくみ

代理納付とは、被害を受けていない自治体が、被害を受けた自治体に代わり寄付金を受け付けることで、被害を受けた自治体の業務負担を大幅に軽減するなど、いち早く皆様からの支援を、被害を受けた自治体に届けるための仕組みです。
今回皆様からいただいた寄附金は、年度内を目途に道から市町へ交付します。

ご留意いただきたい点

・本寄附の返礼品はありません。あらかじめご了承ください。
・ご寄附いただく際に、下記関係市町から、寄附先を選択してください。

支援先の市町について

被害発生地域イメージ

下記の市町について、代理受付いたします。

北海道の代理受付へのお申込みはこちらから

チョイスバナー234_60 (PNG 2.09KB)

カテゴリー

官民連携推進室のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部官民連携推進室(ふるさと納税、民間企業等との協働の推進担当)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-206-6449
Fax:
011-232-1053

page top