山菜採りでの遭難に注意しましょう。

山菜採りなどによる遭難が続いています。

道内では、5月に入り、山菜採りによる遭難が続発しており、4月以降3名が死亡するとともに、2名が行方不明となっております。

山菜採り、準備不足と油断で命取り

山菜採り遭難の防止について

今年、遭難した30人のうち、28人が60歳以上で、約7割の人は方向を見失って遭難しています。

また、遭難者の4割は携帯電話を持たずに入山しており、携帯電話の位置情報から居場所を絞り込むことができません。

遭難を防ぐためには、単独行動は避け、常に自分の位置を確認するとともに、迷った場合は、慌てず落ち着いて行動することを心がけてください。

令和3年度山菜採り遭難発生状況(5月28日現在)

 発生件数   遭難者数     死者    行方不明者 
   28件   30件   3名     2名

※例年、遭難件数及び遭難者数の8割強が4~6月に集中!

sangakusounan2_1.jpg

発生多発!山岳遭難 あなたの安全対策は、本当に大丈夫?

7月から8月の夏山登山では、毎年30件前後の遭難が発生し、遭難者は60代以上の方が4割を占めています。 

夏山シーズンの山岳遭難の原因は、「熱中症、疲労などの体調に関するもの」と、「転倒、滑落」によるものが、それぞれ30%と最も多く、「道迷い」21%と続き、上位3つで約8割を占めています。

このため、登山を行う場合は、次の点に注意してください。

  1. 自分の体力、技術に合った山に登る。
  2. 余裕を持った計画を立てる。
  3. 通信手段、装備を万全に。
  4. 登山計画書は、家族や職場などの他に警察署などにも提出する。
    ※登山計画書は、道警ホームページからも提出可能です。

sangakusounan1_1.jpg

ヒグマへの注意について

登山途中にヒグマに遭遇する事例が報告されています。

下記のリンクについても、ご確認ください。

ヒグマによる人身被害を防ぐために

ヒグマ出没情報

カテゴリー

危機対策局危機対策課のカテゴリ

page top