山菜採りでの遭難防止について

山菜採りによる遭難に注意!!

道内では、山菜採りによる遭難が続発しており、4月以降5名が死亡するとともに、4名が行方不明となっております。

山菜採り遭難の防止について

今年、春の山菜採りで遭難した56人のうち、51人が60歳以上で、約7割の人は方向を見失って遭難しています。

また、遭難者の多くは携帯電話を持たずに入山しており、携帯電話の位置情報から居場所を絞り込むことができません。

遭難を防ぐためには、通信・通報のための手段(携帯電話、ホイッスル)を持参するとともに、次の点に注意してください。

 ◇ 家族に行き先と帰宅時間を知らせる。
 ◇ 単独行動は避け、複数で行動する。
 ◇ 軽装での入山は危険、防寒着を装備する。

令和3年度山菜採り遭難発生状況(6月末現在)

 発生件数   遭難者数     死者    行方不明者 
   56件   61名   5名     4名

※例年、遭難件数及び遭難者数の8割強が4~6月に集中!

sangakusounan2_1.jpg

道に迷ってしまったら

  • むやみに歩かず、風雨が避けられる場所で救助を待ちましょう。
  • 高い音が出る物(ホイッスル)や携帯電話で自分の位置を捜索隊に知らせましょう。

ホイッスルは、万が一のための命綱

ホイッスルは、音が遠くまで届き、捜索隊に自分の居場所を知らせることができるので、早期発見につながり自分の命を守ることができます。 

ヒグマへの注意について

登山途中にヒグマに遭遇する事例が報告されています。

下記のリンクについても、ご確認ください。

ヒグマによる人身被害を防ぐために  (環境生活部自然環境課のページ)

ヒグマ出没情報  (環境生活部自然環境課のページ)

カテゴリー

危機対策局危機対策課のカテゴリ

page top