平成23年度 GM作物 リスクコミニュケーション

 

 

平成23年度 GM作物 リスクコミニュケーション


 


 遺伝子組換え作物等に関するリスクコミュニケーションの開催について(平成23年度)


 遺伝子組換え作物は、世界的には年々栽培面積が増加し、日本にも相当量が輸入され、食品や飼料などとして使用されています。
 北海道では、平成17年度に遺伝子組換え作物の栽培のルールを定めた条例(通称:GM条例)を施行し、この条例の規定に基づき、社会経済情勢の変化等を勘案し、条例の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講じることとしています。
 このため、遺伝子組換え作物・食品等の現状や制度などについて理解を深めていただくとともに、今後の施策の参考とするため、消費者、生産者、関係機関・団体などとの意見交換等を行うリスクコミュニケーションを開催しました。

1 開催地域等

 

 開催地

開催日 

参  加  者  等 

 旭川市 10月18日(火)  生産者、消費者、食品製造業者、行政等
 帯広市 10月21日(金)  生産者、消費者、食品製造業者、行政等
 札幌市  11月 8日(火) 北海道有機農業協同組合 
  〃  11月 8日(火)

 (独)農業・食品産業技術総合研究機構北海道農業センター

  〃  11月10日(木)  北海道経済連合会
  〃  11月11日(金)  (社)北海道消費者協会
  〃  11月11日(金)  北農中央会・ホクレン
  〃  11月14日(月)  (独)北海道立総合研究機構中央農業試験場
  〃  11月15日(火)  生活協同組合コープさっぽろ
  〃  11月22日(火)  (社)北海道食品産業協議会

 (3地域)

 

 (43名)

 
2 内容

  「遺伝子組換え作物をめぐる情勢について」(PDF 1,058KB)により、GM作物等に関する現状や制度などを説明した後、参加者と意見交換

  意見交換の概要はこちらをご覧ください。(PDF KB)

    ※この意見交換でのご意見は、別途、ホームページを通じて募集した、GM条例等の施行状況に対する
    道民の皆様からのご意見と併せてご紹介しています。  
 

カテゴリー

食の安全推進局食品政策課のカテゴリ

page top