北海道食の安全・安心条例に基づく取組

 「北海道食の安全・安心条例」に関する取組を紹介しています。
 詳細はつぎの各リンク先をクリックしてください。

北海道食の安全・安心条例

 平成17年3月31日、『北海道食の安全・安心条例』を公布しました。
 道では、食の安全・安心条例に基づき、基本計画を策定し食の安全・安心に向け総合的・計画的に施策を推進しています。

北海道食の安全・安心委員会

 「北海道食の安全・安心条例」の規定に基づき、食の安全・安心に関する重要事項を調査審議する知事の附属機関として、『北海道食の安全・安心委員会』を設置しました。
 この委員会は、学識経験者や消費者・生産者等から選ばれた15名の委員と特別事項を調査する特別委員によって構成されています。

北海道食の安全・安心基本計画

 「北海道食の安全・安心条例」第9条に基づき、食の安全・安心に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、平成31年3月に「第4次北海道食の安全・安心基本計画」を策定しました。
 この計画は、道が、食の安全・安心に取り組む中期的な指針として、平成31年度から35年度の5年間を計画期間に、食品の生産から消費に至る各段階で実施する具体的な施策を示したものです。

食の安全・安心に関して講じた施策の年次報告

 「北海道食の安全・安心条例」第8条に基づき、食の安全・安心に関して講じた施策等に関して報告するものです。
 この報告書は、北海道議会に報告するとともに、広く道民に公表しています。

北海道食育推進計画

 食育をめぐる課題や情勢の変化等を踏まえ、食育の意義、大切さを改めて考え、関係の機関、団体を含め、道民の皆様と役割を分担しながら、北海道の食育を総合的・計画的に推進するため、平成31年3月に「第4次北海道食育推進計画」(どさんこ食育推進プラン)を策定しました。

カテゴリー

食の安全推進局食品政策課のカテゴリ

page top