北海道米食率向上戦略会議

北海道米食率向上戦略会議の取組

北海道米の品質は着実に向上しており、(一財)日本穀物検定協会による令和元年産米の食味ランキングでは、「ななつぼし」が11年連続、「ゆめぴりか」が10年連続で最高ランクの「特A」を獲得するなど、全国的に高い評価を得ています。

北海道農業にとって重要な位置づけとなっている水田農業が、これからも発展していくためには、多くの皆さんにもっと北海道米を食べていただくことが大切です。

このため、平成17年1月、道内における北海道米の消費拡大を図ることを目的として、関係機関・団体で「北海道米食率向上戦略会議」を設立し、北海道米の道内食率向上を目指して北海道米のPRなどに取り組んできた結果、平成8米穀年度に過去最低の37%であった道内食率は、令和2米穀年度には88%となり、戦略会議が目標とする85%以上を9年連続で達成しています。

北海道米食率向上戦略会議では、引き続き道内食率85%以上の着実な維持と、お米の消費拡大を目指し、一層の取組を展開してまいります。

北海道米LOVEロゴ

北海道米食率向上戦略会議設置要領

北海道米の道内食率

令和3年度北海道米プロモーション

北海道米応援サポーター制度

北海道米食率向上戦略会議のこれまでの取組

北海道米3品種

カテゴリー

生産振興局農産振興課のカテゴリ

page top