農業農村整備の効果

農村計画課では、道営農業農村整備事業による整備の前後で、地域の営農などがどのように変わったかを調査しています。

作物収量の増加や作付作物の変化、担い手の確保や農地集積、法人化の推進、ICTなどの先進営農技術の導入など、様々な営農上の変化があることがわかってきました。

テーマごとに整理していますので、ご覧ください。

なお、準備中の項目は、順次更新していきますのでご了承願います。

目次

1-1 [準備中] 異常気象による被害の軽減 -畑作物編-

1-2 [準備中] 営農労力の節減 ~ ほ場の勾配解消による機械化作業の実現

1-4 [準備中] 農家所得の向上 ~ 排水対策による小豆の増収

2-1 [準備中] 担い手への農地集積・集約化の促進

   [準備中] TMRセンター設置による地域酪農経営の効率化

  [準備中] -水稲乾田直播(ちょくはん)-

  [準備中] -耕畜連携-

3-2 [準備中] 農業水利施設の効率的な機能維持への取り組み

4-2 [準備中] 戦略的農作物の展開

4-3 [準備中] 新たな雇用の場の確保

5 [準備中] 食糧供給基地としての役割

カテゴリー

農村振興局農村計画課のカテゴリ

page top