新型コロナウイルス関連(労働者向け)

新型コロナウイルス感染症に係る労働者向けの支援策等のご案内

新型コロナウイルス感染症の影響により、休業や離職などを余儀なくされた方々向けに、労働相談窓口や各種支援制度をご紹介します。

労働相談窓口

  • 労働相談ホットライン(労働関係に関する相談窓口)【北海道】

 電話番号:0120-81-6105(受付時間:月~金 午後5~8時、土 午後1~4時)

  • 新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口(解雇・休業関係)【北海道労働局】

 電話番号:011-707-2700(受付時間:月~金 午前9時~午後5時(祝日除))

  • 派遣労働者の契約解除に関する相談窓口(北海道労働局「派遣労働者相談窓口」)【北海道労働局】

 電話番号:011-738-1015(受付時間:月~金 午前9時~午後5時(祝日除く))

休業手当(労働基準法第26条)

労働基準法第26条では、会社は、会社に責任のある理由で労働者を休業させた場合、労働者の最低限の生活保障をはかるため、休業期間中に休業手当を支払わなければならないとされています。

疾病手当金

疾病手当金は、健康保険等の被保険者が、業務災害以外の理由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ場合に、所得保障を行う制度で、新型コロナウイルス感染症に感染し、その療養のために働くことができない方も、利用することができます。支給要件の詳細や具体的な手続きについては、ご加入の健康保険の保険者にご確認ください。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

制度概要

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により休業させられた労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、国において休業支援金・給付金を支給します。
  • 労働者から直接申請することも可能で、時短営業などで勤務時間が短くなった方や、シフトの日数が減少した方も申請できます。
  • 給付金額は、1日あたりの平均賃金の8割(日額上限は条件によって異なります)×休業日
  • 日額上限は、令和3年5-12月:9,900円(要件に当てはまる場合は最大11,000円まで)
  •       令和4年1-3月:8,265円(要件に当てはまる場合は最大11,000円まで)

申請方法・お問い合わせ先

制度の詳細や申請方法、申請先については、以下の厚生労働省のホームページをご覧ください。また、ご不明な点などがあれば、以下のコールセンターにお問い合わせください。

  • 問い合わせ先

 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター

 電話番号:0120-221-276(月~金 8:30~20:00/土日祝 8:30~17:15)

勤労者福祉資金

中小企業等で勤労されている方や離職を余儀なくされた方向けに、教育費や一般生活費などの資金を、取扱金融機関を通じて低利で融資します。制度の概要は、以下のホームページでご確認ください。

緊急小口資金や総合支援資金(生活支援費)

北海道社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により生活資金でお悩みの方々へ、特例貸付を実施しています。制度の概要や問い合わせ先などは、以下のホームページをご覧ください。

ジョブカフェ・ジョブサロン北海道における再就職支援

新型コロナウイルス感染症の影響等により失業された方々などの早期再就職を支援するため、ジョブカフェ・ジョブサロン北海道において、キャリア・カウンセリングや、各種就職に関する情報提供などを行っております。Webでの対応も可能となりますので、ぜひジョブカフェ・ジョブサロン北海道をご活用ください。

また、離職を余儀なくされた方々向けに、支援情報をまとめたサイトを用意しましたので、以下のホームページをご覧ください。

北海道短期おしごと情報サイト

短期的に働きたい希望を持つ方々やアルバイト先が無くなり困っている学生の方などを対象に、人材を必要としている企業等の求人情報を提供しています。

経済団体や企業等に対する要請実施の状況

  • 職場における感染拡大防止に向けた要請
  • 雇用の維持等に関する要望

カテゴリー

労働政策局雇用労政課のカテゴリ

お問い合わせ

経済部労働政策局雇用労政課就業環境係(働き方改革推進室)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-204-5354
Fax:
011-232-1038

page top