地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)特例支給の基本的な流れ

地域雇用開発助成金【特例支給】の基本的な流れ

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)の地域活性化雇用創造プロジェクトに係る特例支給を申請するためには、次の要件を満たす事業主が、地域活性化雇用創造プロジェクト雇入れ計画承認申請書を道に提出し、承認を受け、その後、道からの承認通知書と一緒に、地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)計画書を厚生労働省北海道労働局に提出する必要があります。

事業主の要件(※次の全てを満たす必要があります。)

①ものづくり、IT、食と観光関連産業分野の事業主であること。次のファイルをご参考ください。

 地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)地域活性化雇用創造プロジェクトに係る特例支給のご案内 (PDF 842KB)

②地プロ事業に参加していること。

③北海道内で、300万円以上の事業所の設置・整備を行うこと。

④上記③で整備・設置した事業所に就労する正社員(無期雇用かつ、フルタイムであって同一賃金制度が適用される者)を、3人(創業の場合は2人)以上雇入れること。

⑤設置・整備した施設の雇用保険適用事業主であること。※独立した適用事業所に限る。

支給額

基本支給に加え、雇入れ1人につき50万円を上乗せして支給(1回目のみ。1事業所あたり20人が上乗せ支給の上限人数)。

申請書及び計画書の提出等

申請手続き等は、次の①から③までの流れとなります。

①申請者が申請書等を道に提出

申請者が道に提出する書類は、次のとおりです。

地域活性化雇用創造プロジェクト雇入れ計画承認申請書 (DOCX 45.4KB)

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)計画書 (DOCX 44.2KB)(厚生労働省北海道労働局に提出する書類)

②道から申請者への通知

道は、上記①の書類を受理・審査した後、「地域活性化雇用創造プロジェクト雇入れ承認通知書」又は「地域活性化雇用創造プロジェクト雇入れ不承認通知書」を申請者に送付します。

③申請者が厚生労働省北海道労働局に計画書等を提出

申請者が厚生労働省北海道労働局に提出する書類は、次のとおりです。
・地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)計画書
・地域活性化雇用創造プロジェクト雇入れ承認通知書の写し(道からの通知の写し)

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)計画書の提出期限等

【提出時期】 事業所の設置・整備に係る支払い・引き渡しが行われる前。
      ※事業所の設置・整備に係る支払い・引き渡しや雇入れを令和4年(2022年)3月31日までに完了する必要があります。

各種様式

カテゴリー

労働政策局雇用労政課のカテゴリ

page top