飲食事業者等感染防止対策補助金について【申請期間を延長しました】

飲食事業者等感染防止対策補助金の概要

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、飲食店など対面でサービスを提供する事業者の皆さまが、感染防止対策強化のために購入した備品等について支援します。

対象者

中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する道内の中小企業者(道内に本社・本店を有する中小法人、道内に住所を有する個人事業者)で、道内に店舗を有し、主たる業務において対面でサービスを提供する事業者
例)飲食店、キッチンカー、小売店、学習塾、エステサロン、スポーツジム等

※対面サービスを提供する事業者の定義
 店舗を有し、主たる業務において、不特定多数の人との接触を要する事業者

※店舗の考え方
 士業や卸売業の事業を行う場所は、店舗ではなく事務所であるため対象外となりますが、対面サービスを提供する商談の場等については対象となります。
 なお、学習塾、ピアノ教室、ネイルサロンなどの事業を行う場所(個人宅含む)やタクシー、キッチンカーなどは、事業者が自ら管理する場所でサービスを提供することから店舗とみなし、対象とします。

申請要件

次のすべての要件を満たす必要があります。

  1. 業種別ガイドラインに基づく感染防止対策を実施していること。
  2. 事務局の制作したeラーニングを事前に受講し、感染防止対策に係る計画を策定すること。
  3. 事務局が行う現地確認調査に応じること。
  4. 補助対象として申請した備品等に関して、国、市町村等が実施する他の補助金等を申請・受給していないこと。
  5. 飲食事業者においては、飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること。

補助上限額等

・補助上限額:75,000円

・補助率:3/4以内

補助対象経費

※ご注意ください!
 以下の例示以外のものは、補助の対象にならない場合があります。
 対象になるかどうか迷われる場合は、購入前に必ず事務局(コールセンター:011-330-8299)に確認してください。

  1. 飛沫感染予防対策:アクリル板、防護スクリーン等
  2. 接触感染予防対策:非接触体温計、サーモカメラ、非接触ソープディスペンサー等
  3. 換気による感染予防対策:空気清浄機(※)、サーキュレーター、換気扇、CO2センサー(※)、換気機能付エアコン、加湿器(※)、網戸等 ※要件有

※要件
・空気清浄機
 HEPAフィルターによる「ろ過式」で、かつ、風量が毎分5m³程度以上のものであること。
 ※その他のフィルターについては、 0.3μ mの粒子を 99.97% 以上補集できる機能があれば対象となります。
【参考:厚生労働省ホームページより(※以下のチラシに空気清浄機に関する記載があります。)】
 熱中症予防に留意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法(チラシ)

・CO2センサー
 二酸化炭素濃度の測定値が表示できるもの。
【参考:厚生労働省ホームページより】
「測定器は、NDIRセンサーが扱いやすいですが、定期的に校正されたものを使用してください。校正されていない測定器を使用する場合は、あらかじめ、屋外の二酸化炭素濃度を測定し、測定値が外気の二酸化炭素濃度(415ppm~450ppm程度)に近いことを確認してください。」
 冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法(チラシ)

・加湿器
 室内の乾燥を防ぎ、湿度を適正に保つことができるもの。
 ※加湿器を用いた次亜塩素酸水の空間噴霧に関しては、以下についてご留意ください。
【参考:厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページより】
 新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

 

 

 

申請受付期間

動画再生によるeラーニング(紙での受講も可能です)[※各回先着順]

【第1回目】2021年7月30日(金)~8月31日(火)(終了)
【第2回目】2021年9月1日(水)~12月17日(金)(※期間を延長しました。)
 ※ご注意ください!
 ・補助金の申請にはeラーニングを受講し、修了証を取得いただく必要があります。
  (eラーニングを受講できない方はコールセンターまでご連絡ください。)
 ・各回先着順での受付となり、各回の予定数に達した時点で受講を締切ります。
  (受講状況は事務局ホームページでお知らせします。)

申請受付期間

【期間中随時】2021年7月30日(金)~12月24日(金) ※消印有効(※期間を延長しました。)
 ※ご注意ください!
 ・eラーニングの受講修了証をお持ちでない方の申請は受理できません。
 ・事前にeラーニングを受講し、受講修了証の発行を受けてください。

申請方法等

事務局ホームページはこちら:https://elearning.hokkaido.jp/

動画再生によるeラーニング(紙での受講も可能です)

1.事務局ホームページ又はQRコードからeラーニングを受講
  動画再生時間は14分程度です。
2.利用者登録
  メールアドレス、電話番号、氏名、法人名又は屋号を入力してください。
3.本人確認メールの受信
  登録したメールアドレスに送られたメール記載のURLをクリックし、登録を完了してください。
4.理解度チェック
  設問12題。全問正解すれば合格です。
  ※間違えた場合でも、全問正解するまで何度でも回答いただけます。
5.修了証発行
  修了証を発行し、印刷又はeラーニング受講修了№をメモしてください。

計画策定等

感染防止対策に係る計画策定、備品購入等(※補助対象であることを確認の上、ご購入ください。)

申請

申請書に必要事項を記載の上、郵送(簡易書留、レターパック等)にて送付
  〒060-8791 飲食店事業者等感染防止対策補助金事務局(※住所の記載は不要です)
   ※簡易書留やレターパックなど申請者が郵便物の追跡かつ配達時に受取確認ができるもので
    郵送してください。
   ※郵便料金不足のものについては、受付できませんので返却となります。
   ※申請書類等は以下の事務局ホームページよりダウンロードすることが可能です。

事務局ホームページ:https://elearning.hokkaido.jp/

補助金概要チラシ :leaflet_1126 (PDF 852KB)

English version   :leaflet_Eng_1126 (PDF 424KB)

申請の手引    :guidance_1126 (PDF 2.31MB)

お問い合わせ先

飲食事業者等感染防止対策補助金事務局
011-330-8299(コールセンター)
受付時間 午前8時45分から午後5時30分まで ※平日のみ
ご不明点等につきましては、上記コールセンターにお問い合わせください。

カテゴリー

地域経済局中小企業課のカテゴリ

お問い合わせ

経済部地域経済局中小企業課飲食事業者等感染防止対策補助金事務局

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-330-8299
Fax:
011-232-8127

page top