北海道認定リサイクル製品の紹介

recycle_logo-new.jpg

Hokkaido Government-certified Recycled Products

 北海道リサイクル製品認定制度は、道内で発生した循環資源を利用し、道内で製造加工された一定の基準を満たすリサイクル製品を北海道が認定し、PRを行うなどしてリサイクル製品の利用を促進する制度です。
 この制度は、循環資源の適正な循環的利用・廃棄物の減量化を促進し、道民や事業者の方々とともに循環型社会の形成を進めていこうとするものです。
 

< 新着情報 >

●  「令和2年度(2020年度)後期(新規・更新)北海道認定リサイクル製品」の認定申請を募集します。(終了しました)

 募集期間:令和2年(2020年)12月2日(水)~令和3年(2021年)1月15日(金)

 募集要領:こちら

      ※「北海道リサイクル製品認定及び利用推進要綱」は、 こちら

    ※ 北海道リサイクルブランド認定制度については、 こちら

  ※ 北海道リサイクル製品認定支援事業費補助金については、 こちら

● 北海道認定リサイクル製品・リサイクルブランドWEB展示会を開設しました(こちら)。


●  エコプロダクツ2020、環境広場さっぽろ(Online開催)に「北海道認定リサイクル製品、リサイクルブランド展示ブース」を出展しました


● 令和2年度前期(新規) 北海道認定リサイクル製品を認定しました。


● 2020年北海道ビジネスEXPOに「北海道認定リサイクル製品、リサイクルブランド展示ブース」を出展しました。 


● 北海道認定リサイクル製品、リサイクルブランド」パンフレット(令和2年(2020年)4月版)を掲載しました。

   


< 北海道認定リサイクル製品情報 >

● 令和2年度前期 北海道認定リサイクル製品を認定しました.。

 ・「リトレッドタイヤ」:ヨコハマタイヤリトレッド株式会社 北海道事業所

 ・「廃棄物固形燃料(RPF)」:株式会社環境保全サービス

 ・「台所用洗剤 ミルックリン」:鈴木商産株式会社

 ・「(リサイクル皮革)名刺入れ」:株式会社マテック

 ・「(リサイクルガラス)食器・花瓶」:株式会社マテック

● 令和元年度前期 北海道認定リサイクル製品を認定しました。

 ・「ウニポラス(水質ろ過材)」:北海道曹達株式会社

12.jpg


● 次の製品の認定取下届出の提出がありました(令和元年6月21日)。

 ・電気式融雪パネル「融豊」(認定番号:38-5号):慈創産業株式会社

 ・電気式床暖房システム「創暖」(認定番号:57-5号):慈創産業株式会社


● 平成30年度後期 北海道認定リサイクル製品を認定しました(平成31年3月8日)。

 ・「NCサンド(モルタル用軽量骨材)」:岡本産業株式会社

 ・「ロバンダー(路盤材(林道)、盛土材)」:紋別バイオマス発電株式会社


● 認定製品は172製品になりました!(令和3年4月現在)

 ・製品一覧についてはこちらをご参照ください。(※外部リンク)

 




< 認定申請について >


 (1) 認定基準

   循環資源を原材料の全部又は一部として製造した「リサイクル製品」のうち、
  次の認定基準に適合するものを認定します。

   1 道内で発生した循環資源を全部又は一部利用し、
     道内の事業所で製造加工された製品であること。

   2 製品の普及により道内における循環資源の適正な循環的な利用
     及び廃棄物の減量化の促進に具体的な効果が期待できること。

   3 製品の製造加工、流通、使用、再生利用又は廃棄の各過程において、
     環境負荷の低減に十分配慮されていること。

   4 環境関係法令に基づく許可、届出、協議等が適正に行われており、
     かつ、申請の日から起算して過去5年以内に環境関係法令に違反して
     罰則又は命令等の不利益処分を受けていない事業所で製造されていること。

   5 申請時において既に道内で販売され、又は申請の日から6月以内に
     道内で販売されることが確実であること。

   6 品質、環境安全性への配慮及び循環資源の配合率に関する基準に適合すること。

   ※ 対象とする製品は、品質を一定に維持できる最終製品とし、循環資源に手を加えていないものや
     単に破砕処理をして粒度調整した程度のものは除きます。




 (2) 申請から認定を受けるまで

  [募集]
    毎年度、募集期間と対象とする製品の種類を定めて募集します。

  [申請]
    北海道リサイクル製品認定申請書及び添付資料(下記(3)参照)を作成の上、
    持参(又は郵送)により北海道環境生活部環境局気候変動対策課へ提出してください。
       ※ 申請書提出にあたっては、申請内容について事前に提出先にご相談ください。

  [事前審査]
    道において、提出された書類の不足や記載内容の確認等を行います。
       ※ 必要に応じて現地調査を行います。

  [審査]
    有識者などで構成される「北海道認定リサイクル製品認定懇談会」から意見を聞きます。
       ※ 必要に応じて追加資料の提出を求める場合があります。

  [認定]
    懇談会の意見を聞いた上で、知事が認定します。
    認定した場合、申請者に認定証を交付します。
    認定の有効期間は3年間です。




 (3) 認定申請に必要な書類(WORD)

  ○  北海道リサイクル製品認定申請書 (様式第1号)

   ※ 更新の場合は 北海道リサイクル製品認定更新申請書(様式第3号)

  ○ 循環資源利用説明書 (別紙1)

  ○ 製品製造等における環境負荷低減に関する評価書 (別紙2)

  ○ 製造事業所の環境法令等遵守状況及び製品販売に関する説明書 (別紙3)

  ○ 品質、環境安全性への配慮及び配合率に関する基準適合性 (別紙4)

  ○ 製品の説明書、紹介パンフレット等

  ○ 製品製造フロー説明書

  ○ 製品の外観を示すカラー写真

  ○ 製造事業所の周辺環境を示す図面

  ○ 直前の事業年度における決算書

  ○ その他参考資料

   ※ 申請書類作成に当たっては、次の資料を参照願います。

    ● 北海道リサイクル製品認定申請書作成要領(PDF)

    ● 記載例(申請書、別紙1~4)(PDF)




< 認定によるメリット >

 ◆ 認定製品には認定マーク及び「北海道認定リサイクル製品」の表示を付すことができます。

 ◆ 北海道のパンフレットやホームページなどにおいて、認定製品に関する情報を発信します。

 ◆ 展示会やイベント開催などによる認定製品のPRを行います。

 ◆ 北海道グリーン購入基本方針の特定調達品目に指定し、その優先的な使用に努めます。




< 認定事業者の方へ >

 ● 認定製品に係る申請事項(申請書及び別紙1~4の記載事項)に変更が生じたときは、
  30日以内に変更届出書を提出してください。

   ⇒ 北海道認定リサイクル製品変更届出書(様式第4号)記載例

  ※ 上記変更により「環境負荷や環境安全性」に影響を及ぼす恐れがある場合は、
   あらかじめ道に協議願います。

    ⇒ 北海道リサイクル認定製品変更協議書(様式第5号)


 ● 認定製品の製造を終了したとき、又は認定継続を取りやめるときは、
  速やかに認定取下書を提出してください

   ⇒ 北海道認定リサイクル製品認定取下届出書(様式第6号)


 ● 毎年6月30日までに、前年度の品質管理等の状況及び販売状況等について、
  次の様式により報告してください。

   ⇒ 北海道認定リサイクル製品品質管理・販売状況等報告書(様式第7号)




< 参考資料 >



< 北海道リサイクル製品認定支援事業費補助事業について >

 ● 北海道リサイクル製品認定及び利用促進要綱に基づき、北海道認定リサイクル製品の認定を
  受けた事業者が、要綱第3及び第6に基づく認定を受けるために要した試験分析費用に対して、その費用の一部を補助するものです。

    ※ 補助対象となる試験分析は、認定申請年度実施分に限ります。

  ⇒ 詳細(webページ):「北海道リサイクル製品認定支援事業費補助事業」




< お問い合わせ・申請書提出先 >

 北海道 環境生活部 環境局気候変動対策課  主査(循環産業)
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目 道庁本庁舎12階
電話 011-204-5197(直通)
   011-231-4111(内線24-318)
FAX011-232-4970
MAIL:kikou.minkan□pref.hokkaido.lg.jp   ※□を@に変換して下さい。

カテゴリー

環境局気候変動対策課のカテゴリ

page top