高山植物を守ろう

title.png

高山植物とは・・・

ふつうは標高が高く、涼しい山の上で生育する植物を高山植物と呼びますが、北海道では気温が低いため、平地や海岸の近くでも高山植物が見られます。

高山植物は風雪に耐えるために丈が低かったり、花が一斉に咲いたりするなどの特徴を持っています。

その姿は、山の峰々とともに、美しい自然の風景となっています。


kikubari.png

北海道は貴重な高山植物の宝庫です。 しかし

  • 株ごと持ち出す盗掘
  • 登山の記念に「つい、ひと株」といった摘み取り
  • 登山道から外れて「うっかり、ひと踏み」
  • ゴミのポイ捨 
  • といったことで、高山植物は数を減らしています。
    また、休憩で腰を下ろす時には、草花を押しつぶしていないか、気配りをお願いします。

厳しい環境のもとで生きている高山植物は回復が大変困難なのです!


think.jpg



    高山植物を折ったり、採ったりしないでください!

    • 花を持ち去ることは、自然公園法や森林法等に違反する犯罪です。
    • 自然公園や自然環境保全地域などでは、監視員や警察、民間の方々が盗難防止パトロールをしています。
    • 採取などが発見された場合は、検挙・書類送検されます。
    • とるのは写真、持ち帰るのは思い出だけ。

    高山植物はモラルとマナーを守って楽しみましょう。

    北海道の高山植物保護対策

    北海道では貴重な高山植物を盗掘から守り、将来に引き継ぐために、さまざまな取り組みをしています。

    北海道がこれまでに実施してきた主な高山植物保護対策

    • 自然保護監視員や民間団体による監視活動
    • 高山植物盗掘防止キャンペーンの実施
    • 北海道警察、地元関係機関、民間団体等と連携した監視パトロール
    • パンフレット「山岳環境を守るために」の配布
    • 北海道生物の多様性の保全等に関する条例の制定

      mamorou.png

      →自然環境課TOPへ

      カテゴリー

      page top