北の★女性からのメッセージ(ロールモデル)

過去のメッセージダウンロード

令和5(2023)年度メッセージ

No.172 [道東] 町民活動が盛り上がれば、町は元気になる!

なかしべつ町民活動ネットワーク 代表 本間 玲子 さん【中標津町】

1977年札幌市出身。中学校教諭を経験後、結婚・出産を経て2009年に夫の転勤で中標津町に転入。「中標津町まちづくり町民会議」に公募、地元のまちづくりに携わるようになる。2016年に中間支援団体「なかしべつ町民活動ネットワーク」を設立。町民活動を行う個人や団体の相談を受けている。

詳細内容:PDF(1.1MB)

本間さん写真

No.171 [十勝] 農業の世界で、女性はもっともっと輝ける

株式会社マドリン 代表 椛木 円佳 さん【広尾町】

1983年広尾町出身。酪農家の家庭に生まれ、2003年にはカナダにて酪農実習を経験。2005年に帰国し、地元で就農。2007年に株式会社マドリンを設立。2012年には農業女子会「SAKURA会」を立ち上げ、農業に携わる女性たちのコミュニティ形成に尽力。経営者として講演活動なども行う。

詳細内容:PDF(1.4MB)

椛木さん写真

No.170 [オホーツク] 家業を盛り上げながら、自己実現も諦めない

合同会社川瀬牧場 GYUGYU-TTO terrace 川瀬 保子 さん【津別町】

1965年津別町出身。夫の家業である和牛肥育を手伝いながら、2014年には東京農業大学オホーツクものづくり・ビジネス地域創生塾を第3期生として修了。2015年、自宅の隣に加工品の直売所兼カフェ「GYUGYU-TTO terrace」を開業。自家製の牛肉ソーセージのホットドッグなどを提供している。

詳細内容:PDF(1.0MB)

川瀬さん写真

No.169 [道北] 起業人生塾で、女性の「起業迷子」を救いたい!

womom(ウーマム)代表 山田 貴子 さん【旭川市】

1982年札幌市出身。業種や職種が異なる会社を転々とするジャングルジム型キャリアを積む。仕事と家事育児の両立に悩み、2018年にwomomを開業。2020年にはコミュニティwomomラボを設立し、女性の起業相談や継続的なコンサルティングを行う。「起業迷子を増やさない」をミッションに掲げる。

詳細内容:PDF(1.2MB)

山田さん写真

No.168 [道央] W杯の経験を糧に、サッカーの普及に努める

HKFA(北海道サッカー協会)副会長・MFA(室蘭地区サッカー協会)副会長 大岩 真由美さん【伊達市】

1972年室蘭市出身。1995年に北海道女性初のJFAサッカー2級審判員を取得。2005年には日本女性初となるJFAサッカー1級審判員を取得。アジアをはじめ、全世界の数々の試合で審判を務める。2015年の女子ワールドカップでは決勝戦を担当。現在はインストラクターとして後進の育成に励む。

詳細内容:PDF(1.2MBs)

小岩さん写真

No.167 [道央] 就労継続支援の在り方をアップデートするために

株式会社ジューヴル 代表取締役 池添 幸子 さん【岩見沢市】

1980年三重県出身。大学で心理学を学び、精神疾患や不適応を抱える人をサポートしたいと考えるように。NPO法人で支援員や管理者として勤務したのち、2017年に株式会社ジューヴルを創業。就労継続支援B型の事業所としてPatisserie sorakaで地元の素材を使ったスイーツを開発、販売。

詳細内容:PDF(875KB)

池添さん写真

カテゴリー

お問い合わせ

環境生活部くらし安全局道民生活課女性支援室(活躍推進)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-206-6954
Fax:
011-232-4820
cc-by

page top