ニリンソウ(二輪草)

 

ニリンソウ(二輪草)


 

head2.png

nav-top.pngnav-citypark.pngnav-meisyo.pngnav-flowerlist.pngnav-hanalist.png

代表的な花一覧

t-icon.png 北海道の代表的な花一覧

 

ニリンソウ(二輪草)
line.jpgp-f.png 山野草 p-k.png キンポウゲ科

 

hs015.jpg
 
hs015s.jpg hs015ss.jpg

icon_hana.png花の特性 line.jpg

高さ15cm~30cmの多年草。林の中の半ば日陰になっているところに多く見られる。別名で「フクベラ」とも呼ばれ、春の山菜の中では最ももポピュラーな一つになっている。ニリンソウはその名のとおり細長い茎の上に二輪の花をつけるが、土地の肥沃さとの関係で、中には一輪や三輪の花をつけるものもある。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                             

原産地/分布
分布:北海道、本州、四国、九州

icon_hana.png花にまつわるエピソードなど line.jpg

ニリンソウの葉は、有毒植物のトリカブトの葉と同じ時期に出てきて、しかも葉の形が似ているということで、よく誤って食べ、中毒を起こす例が多い。十勝で開拓をしていた画家の故坂本直行さんは「人間はよく間違えるが。牛や馬はどういうものかちゃんと区別していた」と笑っていたという。

 

s-park.png

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

 

s-info.png

 ボランティア団体

 

s-flower.png

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

 

平成26年度都市公園花観光推進事業

カテゴリー

まちづくり局都市環境課のカテゴリ

page top