ニセアカシヤ(針槐:はりえんじゅ)

 

ニセアカシヤ(針槐:はりえんじゅ)


 

head2.png

nav-top.pngnav-citypark.pngnav-meisyo.pngnav-flowerlist.pngnav-hanalist.png

代表的な花一覧

t-icon.png 北海道の代表的な花一覧

 

ニセアカシヤ(針槐:はりえんじゅ)
line.jpgp-f.png 花木 p-k.png マメ科

 

hk010.jpg
 
hk010s.jpg hk010ss.jpg

icon_hana.png花の特性 line.jpg

日本に輸入された明治期のころは、この木をアカシアと呼んでいた。後に本来のアカシア(ネムノキ科アカシア属)の仲間が輸入され、区別するためにニセアカシアと呼ぶようになった。また、槐(えんじゅ)に似た木であり、とげをもつことから針槐(はりえんじゅ)とも呼ばれる。樹高は20mを超える高さとなり、初夏、白い蝶形の花を房状に大量に咲かせる。花は強い香りがあり、食用にもなる。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                                   

原産地/分布
北米

icon_hana.png花にまつわるエピソードなど line.jpg

生育がきわめて早く、痩せ地でも育つために、開拓地にまず最初に植えられた木でもある。ニセアカシアの材は硬く、枕木、杭、坑木、木クギなどの材料に使われるほか、薪炭材としても用いられていた。

 

s-park.png

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

 

s-info.png

 ボランティア団体

 

s-flower.png

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

 

平成26年度都市公園花観光推進事業

カテゴリー

まちづくり局都市環境課のカテゴリ

page top