ヒマワリ(向日葵)

 

ヒマワリ(向日葵)


 

head2.png

nav-top.pngnav-citypark.pngnav-meisyo.pngnav-flowerlist.pngnav-hanalist.png

代表的な花一覧

t-icon.png 北海道の代表的な花一覧

 

ヒマワリ(向日葵)
line.jpgp-f.png 作物の花 p-k.png キク科

 

hh006.jpg
 
hh006s.jpg hh006ss.jpg

icon_hana.png花の特性 line.jpg

ヒマワリは、花が太陽の動きにつれてまわることから、向日葵(ひまわり)の名がついた。大きなものは高さ3mくらいまで生長し、夏に大きな黄色の花を咲かせる。見た目は大きな1つの花のように見えるが、多数の花が集まって1つの花の形を作っている。

ヒマワリは観賞用としても栽培されるが、作物としても重要な植物で、種実を食用や油糧とするため、また、秋には緑肥用作物として土にすき込むために栽培されている。北海道では、このような緑肥用の栽培が盛んに行われており、一つの花は小さめだが、農村部に見られるその広大なヒマワリ畑は、北海道の特徴的な景観資源の一つとなっている。

開花時期

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
                                   

原産地/分布
北米、中米

icon_hana.png花にまつわるエピソードなど line.jpg

英名は「サンフラワー」、和名では「向日葵(ヒマワリ)」「日輪草(ニチリンソウ)」「日車(ヒグルマ)」などと呼ばれ、どの名前も太陽に由来する。

ヒマワリは太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ると言われているが、この動きは生長が盛んな若い時期だけである。成長して花が咲いてからは東か西を向いたままほとんど動かない。

icon_hana.png花の名所 line.jpg

ひまわりの里
道立サンピラーパーク
なよろひまわり畑
大曲湖畔園地
サッポロさとらんど
パレットの丘(千歳市)

 

s-park.png

 都市公園とは
 北海道立公園
 市町村の都市公園

 

s-info.png

 ボランティア団体

 

s-flower.png

 公園の種類
 花の種類
 名所マップ

 

平成26年度都市公園花観光推進事業

カテゴリー

まちづくり局都市環境課のカテゴリ

page top