総合土木(建設土木)の仕事内容について

北海道行政職員採用試験の総合土木(建設土木)を受験予定の皆様へ

知事部局・企業局のバナー

「総合土木(建設土木)職」の勤務庁には、知事部局と企業局の2つの部署があります。

知事部局・企業局、それぞれの部署で行う仕事内容をしっかり理解し、あなたが将来、北海道職員として働く際のイメージを膨らませてみよう♪

知事部局のお仕事について

知事部局(建設部)で働く総合土木(建設土木)職員は、
経済活動を支える道路網を形成するほか、住民の安全・安心な暮らしを確保するため、
社会基盤(道路・河川・ダム・海岸漁港等)の整備を行っています。
また、これら施設の長寿命化など適切な維持管理や更新を進めています。
地域の方のために仕事をしたい!広大な北海道をフィールドに、幅広い業務を行ってみたい!
という方は、知事部局の仕事をチェックしてみてね★

パンフレットはこちら
建設部のホームページはこちら

企業局のお仕事について

企業局の仕事内容は、水力発電による電力の安定供給の一翼を担う電気事業と、
良質で安価な工業用水の供給により産業振興を支える工業用水道事業の2つであり、
総合土木(建設土木)職員はそれぞれの施設管理・設計積算・工事監督等を行っています。
特に電気事業は、環境に配慮した水力発電によるクリーンな電力を安定的に供給するのみならず、
世界共通の目標である『持続可能な開発目標(SDGs)』の達成に向けた様々な取組を展開しています。
発電所やダムなどに興味があり、北海道の経済を支える大きな仕事に携わりたい!
という方は、企業局の仕事をチェックしてみてね★

パンフレットはこちら
企業局のホームページはこちら

カテゴリー

任用課のカテゴリ

page top