認知症サポート医養成研修について

認知症サポート医養成研修について

認知症の人の診療に習熟し、かかりつけ医への助言その他の支援を行い、専門医療機関や地域包括支援センター等との連携の推進役となる医師です。認知症サポート医になるためには、国立研修開発法人国立長寿医療研修センターが開催する研修を受講する必要があります。

研修の受講申し込みは、札幌市以外で勤務の医師は北海道庁、札幌市で勤務の医師は札幌市役所を経由する必要があります。

研修の実施日などの詳細については、毎年度、決定次第、各市町村へご案内しています。受講希望の方は各市町村へお問い合わせください

認知症サポート医名簿

札幌市が養成している「認知症サポート医」につきましては、札幌市ホームページ内の「認知症に関する研修・事業」のページに名簿が公開されています。

カテゴリー

高齢者支援局高齢者保健福祉課のカテゴリ

page top