スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 農政部 > 食品政策課 >  麦チェン!について


最終更新日:2018年11月05日(月)

 

「麦チェン!北海道」について

「麦チェン!」とは?

  北海道では、平成21年度より、食の安全・安心、地産地消の観点から、道内で消費・加工される小麦を外国産から北海道産に転換する「麦チェン!」を進めております。

麦チェン

麦チェン率・・・道民の小麦需要に対する道内で製粉した道産小麦の割合

→平成28年度に当初目標の50%を達成しました。 (参考:平成19年度 31%)

(注)小麦の収穫量は台風や大雨等気象条件の影響を受けやすいため、麦チェン率は増減しやすい傾向があります。

これまでの「麦チェン!」

■生産・技術

  • 新品種の開発 

→ 「きたほなみ」「ゆめちから」など、高品質で収量性が高い新品種の開発。

  • 安定生産技術の確立・普及 

→ 春まき小麦の初冬まき栽培技術の普及。

→  「ゆめちから」の栽培マニュアルの作成。

■流通・消費

  • 麦チェンサポーター店・ロゴマークの推進。 

→ サポーター店累計認定件数413件(平成30年9月30日現在)

→ 麦チェンマーク使用商品がコンビニ、スーパー等で展開。

  • 「麦チェンフェスタ」等の交流会の開催

これからの「麦チェン!」

■生産・技術

・全国的に道産小麦の需要が増大、供給不足。

                     ↓

・しかし、輪作維持の観点から面積拡大は容易ではありません。

                     ↓

・地域の実情を踏まえた生産拡大の取組を推進します。(全道生産拡大検討会)

■流通・消費

・TPP、日EUEPA等の貿易施策によって、今後安価な外国産小麦商品の流入増加が懸念されます。

                     ↓

・単純な北海道産小麦の使用のみでは、商品の差別化が難しくなることが想定されます。

                     ↓

・付加価値の高い、競争力のある小麦商品開発に向けた支援を展開します。


このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道農政部食の安全推進局食品政策課
6次産業化推進グループ
電話番号:011-204-5432(直通)
FAX番号:011-232-7334