スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 経済部 > 地域経済局中小企業課 >  「中小企業新事業活動促進法」における経営革新計画について

北海道の分類: 産業・経済 > 商工業・企業立地・エネルギー > 中小企業対策

最終更新日:2016年9月06日(火)


「中小企業等経営強化法」における経営革新計画について


経営革新

マル

    

「中小企業等経営強化法」における経営革新計画について

 

法律の目的

 中小企業等経営強化法(平成17年法律第30号)においては、「中小企業の創意ある成長発展が経済の活性化に果たす役割の重要性にかんがみ、中小企業の経営革新の支援を行うことにより、中小企業の新たな事業活動の促進を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的とする。」とされております。

※平成28年7月1日に法律の名称が「中小企業等経営強化法」に改正されました。

 制度の特徴
 事業者が策定する経営革新計画を支援するために、以下のような特徴を持った制度となっております。
全業種での経営革新を幅広く支援
 今日的な経営課題にチャレンジする中小企業の経営革新(新たな事業活動による経営の向上)を全業種にわたって幅広く支援します。
柔軟な連携体制で実施
 経営資源・得意分野に限りのある中小企業の経営革新には、他者との柔軟な連携関係を最大限活用することが不可欠。このため、中小企業単独のみならず、異業種交流グループ、組合等との多様な形態による取組みを支援します。
経営目標の設定
 事業者が経営の向上に関する目標を設定することにより、経営目標を達成するための経営努力が促がされる制度です。
 支援する行政側でも、計画実施中に、対応策へのアドバイス等を行い、フォローアップを実施します。

 

 

マル  経営革新計画について
計画の承認申請について (申請様式のダウンロード)
計画の内容について
計画承認状況について 
計画のリーフレットはこちら

事例集「経営革新で元気企業」(申請書のイメージと作成ポイントはこちら)                 ※お問合せ先は、こちらからも確認できます。

 

 

中小企業庁作成の冊子「今すぐやる経営革新」はこちら 

Q&A方式・マンガ方式によるわかりやすく、親しみやすい解説書となっています。

 

 

 

北海道経済部 地域経済局 中小企業課のトップページへ