スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  新たな難病医療費助成制度について


最終更新日:2015年7月03日(金)


新たな難病医療費助成制度について


新たな難病医療費助成制度について


 

重要
平成27年7月より指定難病の受給者証の更新が始まります。

詳細は、次のページをご覧下さい。   →   
受給者証の更新について

 

 平成26年5月30日に公布された「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づき、平成27年1月1日から新たな医療費助成制度が実施されております。
 前制度と大きく変わる点は、対象疾病の拡大、月額自己負担限度額の変更、指定医療機関・指定医の指定です。

1 対象疾病
 
  平成27年5月13日に306疾病に拡大されることが決定されました(新たに追加された疾病は、平成27年7月から医療費助成開始 追加196疾病一覧 )。
  助成対象となる疾病については、こちらをご覧ください→「指定難病一覧
  臨床調査個人票及び診断基準・重症度分類等は厚生労働省のホームページをご覧ください。
  
  重要  なお、臨床調査個人票に添付する資料は、こちらでご確認願います。
        (臨床調査個人票等には記載されていないのでご注意ください)
       → 指定難病(306疾病)における疾病別添付資料について   ★H27.6.1更新
           一覧表  ・  別紙         
       ※ 今後、変更することがありますのでご了承願います。
   
2 必要書類について
  必要書類一覧   
   様式    
   ・特定医療費(指定難病)支給認定申請書   
   ・世帯調書   
   ・同意書    
  
3 月額自己負担限度について
  詳細は、こちらをご覧ください→「自己負担限度額表

4 指定医療機関について
  医療費助成の支給対象となるのは、都道府県知事が指定した指定医療機関(病院、診療所、薬局及び訪問看護ステーション)
 での治療、保険調剤、訪問看護に限定されます。
  指定医療機関の指定申請については、こちらをご覧ください。

5 指定医について
  新しい制度に基づく臨床調査個人票を記載することができるのは、都道府県知事が指定した指定医に限定されます。
  指定医の指定申請については、こちらをご覧ください。

 関連リンク
  厚生労働省(難病対策)  
     難病情報センター 

北海道 保健福祉部 健康安全局         地域保健課 感染症・特定疾患グループ

 電話:011-231-4111
 内線:25-520、521、522、523
 FAX : 011-232-2013