スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  北海道伝承食文化(健康安全局)


最終更新日:2008年3月24日(月)


北海道伝承食文化(健康安全局)


北海道伝承食文化

 近年、食を取り巻く環境が大きく変化し、いつでも食べ物が手に入る豊かな時代となった一方で、食生活の乱れなどによる、肥満や糖尿病といった生活習慣病の増加が問題となっています。また、核家族化や少子高齢化が進み、郷土料理やそれぞれの家庭独自の料理伝承の大切さが失われつつあります。
 そのような現代において、昔ながらの食文化を見直し、健康で豊かな食生活を送るために、また、郷土色豊かな食や、それぞれの家庭で受け継がれてきた料理を大切にし、それらを次世代に伝えていきたいという願いを込め、全道各地から、昔ながらの郷土食や各家庭で伝えられてきた伝承料理を募集し、この度、「北海道伝承食文化-伝え残したい我が家の料理-」として作成いたしました。
 本書は、伝え残したい料理名と写真、材料、作り方の他に、その料理を紹介してくださった方々からの、料理にまつわる由来や思い出も掲載したことにより、見て楽しみ、読んで楽しみ、作って楽しみ、そして後世に語り継いでいただけるものと考えています。
 これからの食生活を見直すため、さらに、昔ながらの食文化を伝える「食育」の一助として、各地域で有効に活用いただけると幸いです。

      北海道食生活改善推進員団体連絡協議会                            _                    会長 菊田 信子

目次

北海道の伝承食文化を「栄養学的なポイント」から解説し、一食に占める栄養バランスをグラフで紹介しています。

マーク主食の紹介

 

 

マーク副菜の紹介
マーク主菜の紹介

 

  ダウンロードした

 ← 1冊を3つに分けています

     マーク伝承PDF1(1.41MB)

 

     マーク伝承PDF2(2.28MB)
       マーク伝承表紙PDF(1.11MB)