2015年農林業センサス結果の概要(北海道)-農林業経営体調査「確定値」-

【調査結果のポイント】

◎農業経営体は約4万1千経営体。農林業経営体総数は約4万5千経営体

  • 「農業経営体」は約4万1千経営体で、前回の2010年センサスに比べて12.5%減少
  • 「林業経営体」を含めた「農林業経営体総数」は、約4万5千経営体

◎農業経営は大規模化が進む

 ○経営耕地面積の前回との比較

  • 「経営耕地なし」を除く100ヘクタール未満の経営体数は、13.7%減少
  • 100ヘクタール以上の経営体数は、28.8%増加
  • 集積面積割合は、50ヘクタール以上が48.7%を占め、4.4ポイント増加

 ○農産物販売金額の前回との比較

  • 「販売なし」を除く3,000万円未満の経営体数は、17.8%減少
  • 販売金額3,000万円以上の経営体数は、10.3%増加

◎農業就業人口の高齢化が進む

  • 農業就業人口における年齢別構成は、60歳以上の割合が50%となり、3.7ポイント増加
  • 農業就業人口の平均年齢は57.2歳となり、0.4歳増加

1 農林業経営体

(1)農林業経営体数

(2)組織形態別経営体数

2 農業経営体

(1)農業経営体数

(2)組織形態別経営体数

(3)経営耕地面積規模別経営体数

(4)経営耕地面積規模別面積

(5)農産物販売金額規模別経営体数

(6)農産物販売金額規模別経営体数

(7)経営耕地の状況

(8)借入耕地のある経営体数と借入耕地面積

(9)販売目的の稲・麦・雑穀の作物別作付(栽培)経営体数と作付(栽培)面積

(10)販売目的のいも類・豆類の作物別作付(栽培)経営体数と作付(栽培)面積

(11)販売目的の工芸農作物の作物別作付(栽培)経営体数と作付(栽培)面積

(12)販売目的の野菜類の作物別作付(栽培)経営体数と作付(栽培)面積

(13)販売目的の花き・花木類・その他の作物の作付(栽培)経営体数と作付(栽培)面積

(14)販売目的の家畜等を飼養している経営体数と飼養頭羽数

(15)販売目的のきのこの栽培経営体

(16)農業労働力

(17)農業生産関連事業を行っている経営体の事業種類別経営体数

(18)農産物販売金額1位の出荷先別経営体数

3 総農家数等

(1)総農家数及び土地持ち非農家数

(2)耕作放棄地面積

4 販売農家

(1)主副業別農家数

(2)専兼業別農家数

(3)年齢別農業経営者数

(4)農業後継者の有無別農家数

(5)経営方針の決定参画者(経営者を除く。)の有無別農家数

(6)自営農業従事日数別農業従事者数

(7)年齢別農業就業人口

(8)年齢別基幹的農業従事者数

(9)農業従事者等の平均年齢

5 林業経営体

(1)組織形態別経営体数

(2)保有山林面積規模別林業経営体数、保有山林面積及び素材生産量

!〈利用上の注意〉!

1 統計数値については、各単位ごとに四捨五入しており、合計と内訳の計が一致しないことがあります。

2 表中に用いた記号は以下のとおりです。 

  「0」 : 単位に満たないもの(0.4ha → 0ha)

  「-」 : 調査は行ったが事実のないもの

  「X」 :個人又は法人その他の団体に関する秘密を保護するため、統計数値を公表しないもの

tuttie1 (JPG 18.8KB)

カテゴリー

計画局統計課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部計画局統計課経済統計係

〒060-8588札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館9階

電話:
011-204-5145

page top