夕張市の財政再建と地域再生に向けた支援策

夕張市の財政再建と地域再生に向けた支援策

平成22年2月17日
北海道

 夕張市においては、市民生活への影響を最小限にとどめるように努めながら、行政のスリム化や事務事業の見直しなど徹底した歳出の縮減と歳入確保により、巨額な赤字の一日も早い解消に向けた取り組みを進めている。

 道としては、夕張市における財政破綻が明らかとなった平成18年度以降、全庁的な支援体制を整え、道職員の派遣や赤字相当額に対する短期資金貸付制度の創設など様々な支援を行ってきたところであり、今後とも市の財政再生計画に基づき、財政の再建と地域の再生が着実に図られるよう、次の支援策を総合的に実施することとする。

1 計画的・安定的な財政再建の推進

 財政再生期間の短縮を図り、早期の健全化を実現するため、次の支援を行う。

○  夕張市財政再生支援対策費補助金
 再生振替特例債の市の利子負担を軽減するため、「夕張市財政再生支援対策費補助金」を創設。
○  北海道市町村振興基金貸付金の借換え等
 財政再生計画期間内の公債費負担の軽減・平準化を図るため、「北海道市町村振興基金条例」を改正(借換制度の創設、償還年限の延長等)。

2 夕張市の行政執行体制の確保

 行政サービスの維持に必要な市の行政執行体制の確保を図るため、次の支援を行う。

○  管理職や専門職員などについて道職員の派遣
 職員派遣(市の総人件費を縮減するため、最大4名を市職員として定数化)を安定的に継続するほか、市の派遣要請に応じて管理職や専門職員などを派遣。
○  必要に応じて、施設の改築・修繕等に係る技術的支援
○  必要に応じて、他市町村等への協力要請
 

3 市民生活の安定と地域の再生

 人口減少と全国の都市で最も高齢化が進む市の実情を踏まえ、高齢者や子どもなどに配慮し、市民生活の安定と地域の再生に向け、次の支援を行う。

【医療・福祉の維持・確保】
  ○  医療給付3事業についての特別支援事業

 障がい者や子育て世帯等の健康の保持と福祉の増進を図るため、医療給付3事業(道単独補助:重度心身障害者・ひとり親家庭等・乳幼児等各医療給付事業)について、市の負担分を道が負担。
【生活環境の維持・確保】
  ○  バス運行対策費補助金

 地域住民にとって必要不可欠な生活交通を確保するため、市内バス路線のうち市が単独補助するバス路線について、市と協調して道が補助。
  ○  市道の一部の除雪
 安全で円滑な冬季道路交通を確保するため、市道の一部について、道が代行して除排雪を実施。
  ○  道営住宅の建設
 北海道住生活基本計画等に基づき、市が進める公営住宅の再編整備及びコンパクトなまちづくりを支援。
【地域の再生・活性化等】
  ○  地域づくり総合交付金
 市営住宅の再編整備など、地域の再生や市民生活の維持等に必要な取組に対し支援。
  ○  地域政策推進事業
 産炭地域固有の資源を生かした地域づくりに向けた取組を地域の関係者と連携・協働して推進。
  ○  発電所所在市町村等振興事業補助金(発電所建設地域)
 地域の振興等を図る事業に対し支援。
【その他】
  ○  諸課題の解決に必要な制度の弾力運用等の実施

 ・ 未活用職員住宅に係る河川敷地借受地の借料免除
 ・ 教職員の道立学校所管職員住宅への入居の緩和

カテゴリー

地域行政局市町村課のカテゴリ

page top