北海道デジタル実装研修モデル作成事業委託業務 公募型プロポーザルの実施について

デジタルトランスフォーメーション推進課では、「北海道デジタル実装研修モデル作成事業委託業務」に係る公募型プロポーザルを実施します。

業務の目的

 新型コロナウイルス感染症への対応において、デジタル化の遅れなど社会が抱える構造的な課題が浮き彫りとなり、社会全体のDXが求められる中でデジタル技術を効果的に活用し、課題解決や価値創造に資する企画立案等を実行できるDX推進リーダーの育成を目的に、地域の中心的役割を担う市町村職員を対象にデジタル活用による地域課題解決のための実践的な研修をモデル的に実施し、研修手法の確立を図るため、本業務を行います。

業務の内容

デジタル人材育成研修モデルの実証

 道内主要産業(農業、漁業、観光業など)におけるデジタル実装をテーマに道内3地域において、デジタル技術を活用して地域課題を解決するためのノウハウを学ぶ研修を実施。研修では座学とグループワークを組み合わせ、まず、デジタル化の目的やICTの基礎知識、他自治体の導入事例を学んだ上で各テーマに対応したデジタル技術を活用した地域課題の解決手法検討のノウハウを習得するプログラムを実施し、さらに、研修の地域での自走化を図るため、運営方法を習得するためのプログラムも併せて実施。

実証を踏まえた結果分析及び改善手法の提案

実証や参加者のアンケートなどを分析し、その結果を踏まえ、プログラムの全道展開に向けた手法などを提案する報告書を作成し、提出。

応募・提案の手続

 参加を希望される場合は、令和4(2022)年10月28日(金)午後5時までに参加表明書と必要な書類をご提出ください。デジタルトランスフォーメーション推進課で参加資格の審査を行い、結果を通知します。
 その後、企画提案を令和4(2022)年11月15日(火)午後5時までにご提出ください。

プロポーザル関係資料

プロポーザルに当たっての質問事項

プロポーザルへの応募に際し、寄せられた質問及びその回答を公開します。
現在、寄せられた質問は以下のとおりです。<令和4年10月21日現在>

整理番号質問内容回答
1参加表明に必要となる書類について、委任状のひな形等はあるか。任意様式となるが要件が備わっていれば問題ない。参考としてひな形を掲載するので確認願う。
2参加表明書の概要にある道内の営業拠点名等の欄について、ない場合は記載しなくて良いのか。ない場合は記載は不要。
3ワークショップの開催場所について事業者側から選定して提案するとあるが、テーマと関連の深いエリアを選定して理由も併せて提案するということで良いか。その理解で問題ない。
4アンケート手法について無料アプリを活用することも可能か。特段制限を設けていないので活用は可能。

今後のスケジュール(予定)

令和4年10月28日(金)参加表明書の提出期限
令和4年11月15日(火)企画提案書の提出期限
令和4年11月下旬(予定)プロポーザル審査会(※日時及び場所は別途通知します。)
令和4年12月上旬(予定)選考結果通知・契約締結・事業開始

カテゴリー

次世代社会戦略局デジタルトランスフォーメーション推進課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部次世代社会戦略局デジタルトランスフォーメーション推進課

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-204-5170
Fax:
011-232-3962

page top