保安林の種類

保安林の種類

森林のもつ公益的機能はさまざまあります。保安林はその機能に応じて17種類あります。
主な保安林の種類と、その指定の目的は次のとおりです。

水源かん養保安林

水源地域の森林は、その地域に降った雨を地中に蓄えゆっくりと川に流します。これはいわば川に流れる水量の変動を少なくする「緑のダム」といえます。こうして安定した水の確保に効果を発揮し、洪水や渇水を防止する働きがあります。

水源かん養保安林

土砂流出防備保安林

森林が地表を覆うことにより、雨などによる表土の浸食を抑え、土砂の流出、崩壊による土石流の発生などを防ぎます。

土砂流出防備保安林

土砂崩壊防備保安林

地中に張りめぐされた樹木の根により山地の崩壊を防ぎ、住宅や道路、鉄道などを災害から守ります。

土砂崩壊防備保安林

飛砂防備保安林

海岸線の砂浜などを森林が覆うことで砂が飛ぶことを防ぎ、隣接する田畑や住宅を守ります。

飛砂防備保安林

防風保安林

風の強い地域で森林が壁の役割を果たし、田畑や住宅に吹き付ける風を和らげる働きをします。

防風保安林

潮害防備保安林

海岸沿いの森林は津波や高潮のとき防壁となってその勢いを弱め、住宅などへの被害を防ぎます。また海からの塩分を含んだ風を弱め、田畑への塩害などを防ぎます。

潮害防備保安林

干害防備保安林

簡易水道などの特定の水源を保全し、水が涸れ上がるの防ぎ、また良質な水源を確保します。

干害防備保安林

防雪保安林

森林が壁の役割を果たし、吹雪から道路や鉄道を守ります。

防雪保安林

防霧保安林

森林がネットの役割を果たし、霧の移動を抑えて農作物の被害を抑え、見通しをよくすることにより自動車事故の発生を防ぎます。

防霧保安林

魚つき保安林

森林が水面に陰をつくり魚類の生息環境を提供します。また海や湖などに流れ込む水の汚濁を防いだり、養分の豊かな水を供給するなどによって魚類の繁殖を助けます。

魚つき保安林

保健保安林

森林レクリエーション活動の場として、生活にゆとりを提供します。また、空気の浄化や騒音の緩和に役立ち、生活環境を守ります。

保健保安林

その他

水害防備保安林、なだれ防止保安林、落石防止保安林、防火保安林、航行目標保安林、風致保安林があります。

その他の保安林

カテゴリー

林務局治山課のカテゴリ

page top