お魚殖やす植樹運動

ロゴ (JPG 118KB)

【活動内容】  

  「お魚殖やす植樹運動」は、昭和63年に北海道漁協婦人部連絡協議会(=現女性部連絡協議会)が始めた植樹運動です。これまでに、道内のほとんどの漁協女性部が植樹活動に取り組み、120万本を超える苗木が植えられています。

    当初、魚を殖やしたいという願いで取り組んできたこの運動は、環境問題という新たなテーマへと拡大し発展してきており、地域の人々や子供達も参加しての活動へ、さらには農業関係者や消費者団体とも連携・協働し、「安全で安心な食の環境」を守る取組みへと、その輪を大きく広げてきました。

 「百年かけて百年前の自然の浜を蘇らせよう」というスローガンのもと、毎年、「浜のかあさん」を中心に植樹が行われています。

 北海道では、こうした運動に支援するとともに、平成29年度から、漁協女性部及び(社)北海道森と緑の会と連携し、企業・団体等における社会的貢献活動(CSR)として募金いただける仕組みをつくり、スポンサー企業・団体等を募集していますので、ぜひ、ご協力をお願いします。

   「ほっかいどうお魚殖やす植樹運動」パンフレット   

 
活動実績
 これまでの植樹実績は、次のとおりです。
  令和2年度及び令和3年度
は、新型コロナウイルスの影響により、多くの植樹活動が中止や規模縮小での開催となりました。

図1.jpg

活動地域
 令和2年度、令和3年度に植樹活動を行った漁協女性部は次のとおりです。

図3.jpg

【お問い合わせ】
 
 
制度に関すること
      → 北海道水産林務部 森林環境局 森林活用課 電話(011)204-5514

  

 植樹運動の取り組みに関すること
      → ぎょれん「お魚殖やす植樹運動」ホームページ

  

 本制度への募金に関すること
     → 森と緑の会「お魚殖やす植樹運動」ホームページ

カテゴリー

森林環境局森林活用課のカテゴリ

page top