北海道地域材利用推進方針

「北海道地域材利用推進方針」について

道では、平成22年10月1日に施行された「公共建築物等木材利用促進法」に基づき、北海道での地域材の利用を促進するため、「北海道地域材利用推進方針」を平成23年3月22日に策定しています。

この方針では、「北海道の森林から産出され、北海道で加工された木材」を「地域材」と位置付け、地域材の利用を通じて、森林資源の循環利用による山村地域の活性化と地球温暖化の防止に貢献することなどを意義として、公共建築物をはじめとする幅広い分野で地域材の利用を促進することとしています。

この度、建築基準法の改正により3階建ての木造の学校や延べ面積3,000平方メートルを超える木造建築物等について、一定の防火措置を行うことで準耐火構造等での建築が可能となったこと、また、建築物における木材の需要拡大が期待されるCLT(直交集成板)やカラマツ製材のねじれや割れを抑えたコアドライ等の新たな木質部材の活用促進など、近年の情勢変化等を踏まえ、本方針を改正しました。
道は、改正した方針に基づき、公共建築物等の木造化・木質化や公共土木工事など様々な分野における地域材の一層の利用促進を図ります。

カテゴリー

林務局林業木材課のカテゴリ

page top