宝くじのページ(収益金の使い道)

宝くじ収益金の主な使い道について

宝くじの販売実績額のうち、賞金や経費などを除いた約38%が収益金として、発売元の全国都道府県及び20指定都市へ納められます。
北海道では、令和元年度に169億円の宝くじを販売し、そのうち、約64億円の収益金を道路維持管理事業や森林整備事業などの経費に使用しました。

R1北海道内の内訳

【令和元年度の宝くじ収益金の主な使い道について】

●道路維持管理事業
 歩道、ガードレール、道路標識、道路照明灯などの道路交通安全施設の整備

●道有林整備事業
 公益的機能の維持増進のための造林、施業道、林道等整備

●北海道植樹の日・育樹の日推進事業費
 道民と協働による森林づくりを進めるため、「北海道植樹の日・育樹の日」の普及啓発等

●芸術文化振興事業
 道の舞台芸術を支える人材の育成や音楽芸術の水準向上等

※過去の宝くじ収益金の使い道を確認したい方は「宝くじ公式サイト」から確認できます。

カテゴリー

財政局財政課のカテゴリ

page top