暴風雪への備えと災害防止・軽減に向けた取り組み

関係機関が連携してリーフレット等を作成

平成26年1月30日
総務部危機対策局危機対策課

北海道では、2013年3月に発生した暴風雪による大きな被害を踏まえ、関係機関と連携し、暴風雪災害の防止に向けた取り組みを行っています。

暴風雪の発生が懸念される厳寒期を迎え、暴風雪に対する備えを改めて確認し、被害の防止・軽減を図るため、道・北海道開発局・札幌管区気象台・(独)土木研究所寒地土木研究所の4機関が協力し、リーフレットなどを作成しました。

このリーフレットなどは、市町村や道の駅、学校などに配布するとともに、本ページを含め各機関のホームページに掲載します。掲載されているリーフレットなどのPDFデータは自由に印刷して配布することができますので、暴風雪災害の防止に是非ご活用ください。

なお、著作権を放棄したものではありません。商業目的での使用や電子データの2次配布はご遠慮ください。

「出来ていますか?暴風雪への備え!」(リーフレットPDF

    rif1.jpg
    rif2.jpg 

「できていますか?暴風雪への備え!」(ミニノートPDF

    mininote.jpg  mininote_s.jpg
※(独)土木研究所寒地土木研究所の「暴風雪への備えと災害防止・軽減に向けた取り組み
 サイトでは、折りたたみが簡単に出来るものが公開されていますので、そちらもご活用ください。

「楽しい雪とあばれる雪 -暴風雪は危険がいっぱい!-」(リーフレットPDF

   kids1.jpgkids2.jpg

各機関のホームページアドレス

  ・北海道開発局
   https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/jg/bousai/ud49g7000000otxc.html
  ・札幌管区気象台
   http://www.jma-net.go.jp/sapporo/
  ・独立行政法人 土木研究所寒地土木研究所
   http://www.ceri.go.jp/

カテゴリー

page top