ファシリティマネジメントのページ

 

ファシリティマネジメントのページ

 北海道では、道が保有する全てのファシリティを対象に、民間の手法である「ファシリティマネジメント」を導入し、
 経営的な視点からコストの最小化と効用(道民サービス)の最大化を目指しています。


 ※道が保有するファシリティとは・・・道が保有する土地・建物・設備といったものをいいます。

北海道ファシリティマネジメント推進方針について

  北海道では、平成17年度(2005年度)に教育庁・警察本部や札幌医科大学を含む全庁各部で構成する「北海道ファシリティマネジメント導入会議」を設置し、民間における取組が進んでいる「ファシリティマネジメント」の手法を導入・活用する方策等を検討し、平成18年(2006年)3月に「北海道ファシリティマネジメント導入基本方針」として取りまとめました。

  この方針の策定から10年が経過し、道を取り巻く環境も変化しているほか、平成27年(2015年)6月に「北海道インフラ長寿命化計画(行動計画)」を策定し、道が所有する全ての施設について、施設ごとに老朽化対策の基本的な取組方針を示しました。こうした状況を踏まえ、ファシリティマネジメントをより効果的に推進するため、平成28年(2016年)3月に「北海道ファシリティマネジメント推進方針」として改定しました。

 【概要版】 

  ・北海道ファシリティマネジメント推進方針の概要(PDF)

 【本文】

  ・北海道ファシリティマネジメント推進方針 (PDF)

 

カテゴリー

行政局財産課のカテゴリ

page top