指定管理者制度について

新着情報

指定管理者制度導入施設一覧を更新しました。(R3.4.1現在)

指定管理者制度とは

 指定管理者制度は、多様化する住民ニーズに効果的・効率的に対応するため、民間ノウハウを活用し、住民サービスの向上と経費の削減等を図ることを目的として、民間事業者等も公の施設※の管理を行うことができることとした制度です。

※公の施設:住民の福祉を増進する目的をもって、道などの地方公共団体が設置し、住民の利用に
      供するための施設

道における指定管理者制度導入施設

 道では、平成18年度から指定管理者制度を導入し、令和3年4月現在、38の公の施設(道営住宅は複数の地区・団地を合わせて1施設とカウントしています)において、指定管理者による施設の管理運営が行われています。

指定管理者制度導入施設一覧(R3.4.1現在)

 指定管理者制度導入施設一覧(Excelファイル)は、北海道オープンデータポータルに保存しています。(北海道オープンデータポータルサイト

 また、施設名には、ネーミングライツ契約(平成27年4月1日以降に締結したものを含む。)に基づく愛称を付記しています。
 ※参考リンク:道立施設のネーミングライツについてのページ(総務部行政局財産課)

指定管理者選定結果

○平成17年度~令和元年度
  H17   H18   H21   H23   H25  H26   H27   H29   H30   R元

指定管理者制度に関する条例等

指定管理者が管理する文書及び個人情報の取扱い

指定管理者が管理する文書の公開

・指定管理者情報公開事務取扱要綱(PDF
(1)指定管理者情報公開申出書(PDFWord

指定管理者が公の施設を管理するにあたって取扱う個人情報の保護

・指定管理者個人情報保護事務取扱要綱(PDF
(2)指定管理者個人情報開示申出書(PDFWord
(3)指定管理者個人情報訂正申出書(PDFWord
(4)指定管理者個人情報利用停止申出書(PDFWoad
(5)写しの交付費用免除申請書(PDFWoad

※(1)~(4)については、電子自治体共同システムを利用した電子申請が可能です。

カテゴリー

行政局改革推進課のカテゴリ

page top