Q9


Q9


Q9 有機農産物の味や栄養価は慣行栽培農産物より優るのですか?

有機農産物は曲がったり虫食いが多いなど見かけが悪く、味も劣るのではないかと疑われることもありますが、有機農業を支持する消費者からは有機農産物が美味しいとの定評があります。

 これまでの研究でも、慣行栽培農産物より有機農産物のほうが品質や栄養価が高いとの結果があります。しかし、有機農産物のほうが劣る、あるいは両者の差は明らかでないとの研究結果もありますので、今後研究を深める必要があります。また、慣行栽培した農産物の評価基準だけでなく、人の味覚や本来の美味しさとは何かを問い直しながら、総合的に有機農産物を評価してゆくことも必要だと思われます。

 曲がりや虫喰いなどの外観形質については、現状では有機農産物にも通常の規格が適用されることが多いので、店頭に並ぶ有機農産物の外観形質に関しては、慣行農産物とほぼ同じとなっています。しかし、どのような栽培方法でも農産物は様々な外観形質のものが生じますので、あまり見かけにこだわりすぎないことも大事でしょう。

 なお、鮮度については、有機農産物のほうが一般に堅くて長持ちするとも言われますが、流通経路や販売方法が慣行栽培農産物とは異なるため、いちがいには比較できないと思われます。

QandAのトップへ 戻る

カテゴリー

食の安全推進局食品政策課のカテゴリ

page top