北海道花の日のページ

❀8月7日は「北海道花の日」❀

道民の皆様に「北海道の花」を知り、親しんでいただくことを目的として制定した
「北海道花きの振興に関する条例」により、8月7日を「北海道花の日」と定めました。

壁面花壇

令和3年度の取組

◆オリンピック関連花き展示(協力:北海道フラワーガーデン協会、北海道生花商協同組合)

東京2020オリンピック競技大会の機会を捉え、関係団体と連携してウェルカムフラワーと
紹介パネルを設置し、道民の皆様やメディアを通じて国内外に、「北海道の花」の素晴らしさを発信。

オリンピック関連花き展示

◆花いっぱいプロジェクト

色鮮やかで日持ちの良い道産花きを職場に飾ってリフレッシュ。
癒やしと日常使いを増やす取組。

花いっぱいプロジェクト

◆各種メディアを活用した情報発信

・(8/1)FMラジオ AIR-G'「農Lands」情報コーナーで「花の日」発信(3分間)
・(8/5)北海道メールマガジンDo・Ryoku(動・力)
・(8/5)道農政部食品政策課facebook「どんどん食べよう北海道」
・(8/6)道庁広報ツイッター
・(8/6)道農政部農政課facebook・インスタグラム「北海道農業・農村情報誌「confa(コンファ)」」
・ 北海道花き振興協議会のfacebook ほか

◆各振興局の取組

【空知】そらちの花魅力発信事業の実施
○「花あるあるプロジェクト2021」の実施
産学官連携(JAいわみざわ・セイコーマート・岩見沢農業高等学校・空知総合振興局)により、6月9日から9月末まで、毎週1回岩見沢農業高等学校生徒が空知産花きをラッピングし、セイコーマート20店舗で販売するとともに、岩見沢農業高等学校が花の情報をインターネットで発信しました。
○「北海道花の日(8月7日)・花配布PR」の実施
 「北海道花の日」を中心に、一人でも多くの人に花を飾るための興味をもっていただくため、岩見沢農業高等学校・イオン北海道(株)と連携して、空知産の花配布PRイベントを行いました。

空知の取組

【胆振】HOKKAIDO花でつなごうプロジェクト
関係団体協力の下8月2日~9日の間、表敬者の多い局長室及び副局長室に北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントを展示しました。
また、展示期間中の誕生花花言葉の日めくりカレンダーを作成し、花をもっと身近に感じてもらうための工夫を施しました。

胆振の取組

【日高】花きの需要拡大に向けた取組
8月及び9月の連休前の2回「家族で応援!ひだかの花産地~フラワーウォークin日高~」をJAみついし及び新ひだか町と連携して実施しました。
また、デルフィニウムの青色がANAの企業カラーとマッチすることがきっかけとなり、新千歳空港ANA国内線ターミナルのカウンター前に管内産のデルフィニウムを8月~10月末まで展示しました。

日高の取組

【上川】花束の斡旋販売
「北海道花の日」に庁内職員を対象とした花束の斡旋販売を行いました。道産花きを多く取り入れた色鮮やかでとても綺麗な花束は、103束の注文があり、花束を片手に帰宅する職員であふれました。

上川の取組

【留萌】るもいの花応援事業の実施
「北海道花の日(8月7日)」には、振興局の道民ホールにフラワーアレンジメントを展示、「フラワーウィーク(9月)」には、花のある日常生活のきっかけづくりをする1週間として参加職場に花束を届けるとともに、道民ホールでフラワーアレンジメントの展示を行いました。
また、お家時間に花きに触れてもらうことを目的に、店舗受取型(地元の人向け)と配送型(遠方向け)で一定の月額で楽しめるサブスクリプションを実施しました。

留萌の取組

カテゴリー

page top