酪農学園大学との連携による人材育成

酪農学園大学との連携による人材育成

 GIS(地図情報システム)は、ほ場の生産管理や地域課題などの情報を共有することに効果的であることから、北海道農政部では、効果的・効率的な農業農村整備事業を実施するために不可欠なシステムとして利用しています。

 地域におけるGIS技術者を継続的に育成するため、北海道では学校法人酪農学園との連携協力協定に基づき、農業関係団体の職員を対象としたGIS研修を実施しています。

GISkensyuu.JPG 

GIS初級研修    ※ 研修は終了しました。   

GISを農業生産基盤整備分野などで活用するための初心者向けの研修となります。水産林務部と一部合同での研修会となります。

 ・日時 令和元年(2019年)8月28日(水曜日) 13時00分から17時00分まで

 ・場所 酪農学園大学(江別市文京台緑町(みどりまち)582番地) A1号館3階

 ・対象者 道内の市町村、土地改良区、農業協同組合など農業関係団体の職員(定員50名)

 ・プログラム内容

   1 GISの概念(合同)

   2 GISの簡単な操作方法(合同)

   3 農業農村整備事業におけるGIS利活用事例

   4 GISにおける主題図づくり  

申し込み方法など詳細につきましては農村計画課(011-204-5412)までお問い合わせください。


GIS中級研修    ※ 研修は終了しました。    

図形作成などの基本操作のほか、空間検索など日頃の業務でよく使う操作を学ぶ、実践的な研修です。

 ・日時 令和元年(2019年)8月29日(木曜日) 9時30分から16時30分まで

 ・場所 酪農学園大学(江別市文京台緑町(みどりまち)582番地) A1号館3階

 ・対象者 道内の市町村、土地改良区、農業協同組合など農業関係団体の職員(定員40名)

 ・プログラム内容

   1 データ作成実習   農地、施設情報データの作成と利用ほか

   2 高さデータによる分析実習  標高傾斜メッシュデータの利用ほか

申し込み方法など詳細につきましては農村計画課(011-204-5412)までお問い合わせください。


GIS上級研修    ※ 研修は終了しました。    

GISの機能を活用し、衛星画像や標高データなどを用いて地域課題を分析する手法を学ぶ、実践的な研修です。

 ・日時 令和2年(2020年)1月23日(木曜日)13時00分から17時00分まで                                                    令和2年(2020年)1月24日(金曜日) 9時30分から12時00分まで                                                ※2日間とおしての研修

 ・場所 酪農学園大学(江別市文京台緑町(みどりまち)582番地) A1号館3階

 ・対象者 道内の市町村、土地改良区、農業協同組合など農業関係団体の職員(定員25名)

 ・プログラム内容

   1 衛星画像による作物生育状況の分析

   2 数値標高モデルデータ等による生産基盤の課題分析

申し込み方法など詳細につきましては農村計画課(011-204-5412)までお問い合わせください。


このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-231-4111(代表) 内線27-413
メールアドレス:nousei.keikaku1@pref.hokkaido.lg.jp

カテゴリー

page top