11月1日は計量記念日です

計量記念日とは?

 「計量」=「はかる」ことは、私たちの日常のくらしや健康と安心を保つためには欠かせないものですが、この「はかる」ことの基盤となっているのが計量制度です。
 計量制度は、私たちの生活のあらゆる分野に関係している制度であり、正しい計量が保たれるためには、ひとりひとりが「適正な計量」の意識を持つことが重要です。
 経済産業省では、計量制度に対する理解を深めるため、現行の計量法が施行された平成5年11月1日にちなみ、毎年11月1日を「計量記念日」とし、また11月を「計量強調月間」として、広く計量制度の普及やの社会全体の計量意識の向上を目指しています。

※計量記念日は、電気記念日(3月25日)、発明記念日(4月18日)、貿易記念日(6月28日)とともに経済産業省4大記念日の一つです。

計量記念日のイベント等

 計量制度や適正計量の普及啓発を目指して、計量記念日に関連して次の事業を行っています。

「計量ふれあいひろば」の開催

 11月1日の計量記念日にちなみ、皆様により計量に関することを知っていただくため、「見て、さわって、確かな計量」をテーマに「計量ふれあいひろば」を毎年開催しています。
 普段目にすることのないような計量器を見たり、触れたりしながら「はかる」ことのおもしろさを体感することができます。

※新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、令和2年(2020年)はWeb開催としました。
 (「計量ふれあいひろばin北海道Web」は、公開終了しました。)
 令和3年(2021年)については、11月1日~2日に札幌市「かでる2・7」1F展示ホールにて、計量器やパネルの展示を行います。
 詳しくはこちらから  ※終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

11月1日は計量記念日(女性イラスト)

カテゴリー

計量検定所のカテゴリ

page top