機械技術科-訓練の様子

1年生の訓練の様子

4月~6月

○ 旋盤加工実習
旋盤を使用した機械加工の基本を身につけます。図面の寸法どおりに円柱状の鋼材を削ることで、加工方法の基本を学びます
※訓練の成果を発揮する技能検定試験は12月下旬に実施しました。

LATHE1nen4-6 (JPG 13.9KB)

6月~7月

○ 手書き製図実習
製品加工の基となる図面についての知識を身につけます
ドラフターと呼ばれる製図台を使用し、製図規則に沿った図面が描けるように訓練します。

DESIGN1nen6-7 (JPG 14.3KB)

8月~10月

○ CAD製図実習
手書き製図で得た知識を基に、パソコンを使用した図面作成の知識を身につけます。
操作方法をしっかり習得し、効率よく図面が描けるように訓練します。

CAD1nen8-10 (JPG 11.7KB)

8月~11月

○ フライス盤加工実習
フライス盤を使用した機械加工の基本を身につけます。
角鋼材から立方体を削り出したり、溝や勾配加工を施す実習をします。
図面をしっかり理解し、測定工具を正しく使用して、精度の高い加工を目指します。

FURA1nen8-11 (JPG 16.3KB)

1月~2月

○ 熱処理実習
日頃の実習で使用している「鉄」が、加熱温度と冷却スピードによって、どのように性質が変化するのか実験を通じて学びます。
※写真は実験成果をまとめ、プレゼンテーションを行っている様子です。

TREAT1nen1-2 (JPG 9.87KB)

1月~3月

○ NC加工実習
旋盤やフライス盤など、汎用機で学んだ知識を基に、コンピュータからの指令で動作するNC工作機械の操作・加工方法を身につけます。加工に使用するプログラムの作成では、汎用機での経験が大いに活かされます。

NC1nen3 (JPG 16.1KB)

2年生の訓練の様子

4月~6月

○ 制御実習
基本的なシーケンス制御技術を身につけます。
リレーやタイマーなどの部品を使用し、目的に沿った制御回路を作成できるように訓練します。

CONT2nen4-6 (JPG 19.7KB)

4月~6月・11月~12月

○ NC加工実習
1年次に身につけた技術よりも、さらに高度なNC加工技術を学びます。
複雑な部品形状に対して、多数の加工工程を考え、精度の高い製品ができるように訓練します。

NC2nen4-6 (JPG 15.1KB)

7月・11月

○ 旋盤加工実習
1年次に習得した旋盤加工技術を成熟させる訓練を行います。高精度の加工が素早くできるように無駄のない動作で加工します。
※訓練の成果を発揮する技能検定試験は1月下旬に実施しました。

LATHE2nen7 (JPG 18KB)

8月~9月

○ 三次元CAD製図実習
1年次に行った二次元CAD製図の知識を基に、立体的な図面作成の方法を学びます。
三次元の図面を描くことで、パソコン画面上で部品の組立・分解ができるため、設計時の不具合を早期に発見することができます。

3DCAD2nen8-9 (JPG 14.4KB)

8月~10月

○ 溶接実習
溶接の基本技術を学びます。アーク溶接・半自動溶接を中心に、しっかりと材料を溶け込ませて接合できるように訓練します。

WELD2nen8-10 (JPG 14.5KB)

2月~3月

○ 設計製作実習
これまでに習得してきた知識・技術・技能を基に修了製作に取り組みます。図面作成・部品加工・組立調整までの流れを総合的に行うことで、『ものづくり』への理解を深めます。製品を完成させるまでの試行錯誤は今後の技能者としての大事な経験値となります。※今年度は模型蒸気機関車の部品を、ターニングセンタやCAM技術を用いて加工しました。

MACHIN2nen2-3 (JPG 15.9KB)

MACHIN2nen3 (JPG 12.3KB)

カテゴリー

函館高等技術専門学院のカテゴリ

page top