販売実務科

自立する知的障がい者の養成

障がい者の就労を支援するため、一般校において知的障がい者を対象とした「販売実務科」の職業訓練を展開しています。小売店などにおける商品管理、物流作業、接客などに関する基礎的な知識・技能を習得する事により販売実務職としての就職を目指しています。

訓練期間:1年間
定員:10名

随時募集のご案内

※令和4年度の募集は終了しました。
募集期間:令和3年(2021年)12月21日(火)~令和4年(2022年)3月23日(水)
応募資格: 知的障がいがあり、就労を希望している方。

学科内容

基礎学力を向上させ、販売実務職に必要な照合作業や帳票処理、文書事務及びパソコンの操作等を学びます。また、社会や職場で必要な基本的なマナーを学びます。

実技内容

事務用工具・機器及び清掃用具等の使い方や入荷・出荷作業、商品陳列等の補助業務を学びます。また、就業現場での体験を通じた職場実習において、学科や実技で習得した知識・技能を実践したり、職場での作業や基本ルールを学びます

訓練教科

普通学科
社会 体育 社会生活

系基礎学科
基礎学力 安全衛生 IT基礎

系基礎実技
事務・物流周辺機器操作実習 IT基礎実習

専攻学科
商取引と物流基礎 労働習慣

専攻実技
物流・事務補助業務実習 職場実習

カテゴリー

page top