行動科学の知見を活用して「ゼロカーボン北海道」にチャレンジ!

効果的な情報発信で脱炭素型の行動変容を促します

北海道では、道内の温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「ゼロカーボン北海道」の実現に向けて、全国と比較して温室効果ガス排出量の割合が高い家庭部門の脱炭素化を図るため、行動科学の知見(ナッジ等)を活用し、道民一人一人が自発的に温室効果ガス削減行動を実践するための効果的な情報発信手法の構築に取り組んでいます。

ゼロカーボン北海道ロゴマーク

ナッジとは・・・

  • ナッジ(nudge)は、「そっと後押しする」「肘などでつつく」の意味。
  • 行動科学の知見を活用することにより、人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする政策手法です。

省エネ分野でのナッジの活用例

宿泊事業者のタオル再利用率向上策に適用

  • 宿泊事業者におけるタオル再利用率向上策に適用
  • 従来の方法(モラル訴求)に比べ、再利用率が「14.2%」向上

省エネ分野でのナッジの活用例

道の取組

脱炭素社会に向けた行動変容促進事業(令和3年度)

道民の温室効果ガス排出に関する行動特性を調査分析し、その結果に基づき、行動科学の知見を活用した行動変容を促す有効な手法を構築する。(委託事業)

  • 委託期間:令和3年6月~令和4年2月
  • 委託事業者:株式会社住環境計画研究所(東京都千代田区)

R3実施内容

事業実施報告書

報告書

カテゴリー

ゼロカーボン推進局ゼロカーボン戦略課のカテゴリ

page top