エゾシカ保護管理検討会について


エゾシカ保護管理検討会


logo24.gif
「エゾシカ保護管理計画」 を科学的知見に基づき推進するため、学識経験者からなる「エゾシカ保護管理検討会」を設置し、
・エゾシカの生息状況等の評価
・個体数管理
・保護管理計画の策定・見直し

などの検討を行っています。
検討会の委員は毎年任期1年で北海道から委嘱しており、平成22年度の委員は次の方々を委嘱しています。
 
<エゾシカ保護管理検討会 平成22年度委員名簿>
 氏  名  専 門 分 野           所     属

松田 裕之

数理生態学 横浜国立大学大学院環境情報研究院
齊藤  隆 動物生態学 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
近藤 誠司 畜産学 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
山中 正実 野生動物保護管理学 財団法人知床財団
山村 光司 計量生物学

独立行政法人農業環境技術研究所

鈴木 正嗣 野生動物保護管理学 岐阜大学応用生物科学部
梶  光一 動物生態学 東京農工大学大学院
伊吾田宏正 野生動物保護管理学

酪農学園大学環境システム学部

宇野 裕之 動物生態学 道立総合研究機構環境科学研究センター
沖 慶一郎 (公募)
 

 毎年1・2回開催し、前年度の各種エゾシカ調査結果の評価や、エゾシカ生息状況の検討を行い、毎年のエゾシカ狩猟内容を策定する際の基本となっています。(平成22年度のエゾシカ狩猟については、こちらをご覧下さい。)

 
平成21年度の開催状況及び検討結果は次のとおりです。
5月15日 保護管理検討会開催

議事概要

議事録

捕獲の担い手検討部会開催(6月・8月・12月)
<意見骨子>

過去の検討結果は次のとおりです。
平成20年度  

平成19年度 
平成18年度 

  
  
自然環境課ホームページへ エゾシカの保護と管理トップへ

カテゴリー

page top