野生鳥獣被害調査

野生鳥獣による被害調査結果について(令和2年度分)

令和2年度の野生鳥獣(海獣類を除く)による農林水産業被害状況について、市町村からの報告を取りまとめました。

概況

  1. 野生鳥獣による被害金額は50億円で、前年度に比べ3億円増加している。(対前年比 7%増加)
  2. 鳥獣別による被害金額は、エゾシカが40億円7千万円(前年38億円)、次いでカラス類が2億7千万円(前年3億2千万円)、ヒグマが2億5千万円(前年2億2千万円)、アライグマが1億4千万円(前年1億2千万円)、キツネが1億4千万円(前年1億2千万円)となった。

エゾシカ関係

  1. 農林業被害では、全体の8割がエゾシカによるものであり、国の交付金等を活用し捕獲活動や侵入防止策の整備など総合的な対策により、被害金額は、平成23年度の64億円をピークに年々減少し、現在は4割程度減少しているが、令和2年度は令和元年度に比べ増加し、40億7千万円となった。
  2. 振興局別の農林業被害金額は、4振興局で減少しているものの、空知、石狩、後志、渡島、檜山、上川、留萌、オホーツク、十勝、釧路では増加となった。なお、被害金額の多い上位3振興局は、釧路が11億7千万円、十勝が5億2千万円、オホーツクが4億9千万円となっている。
  3. 作物別の農林業被害金額は、牧草が17億3千万円で全体の4割で、次いで水稲、ビート、ばれいしょ、デントコーン、根菜類の順となった。水稲、ビート、ばれいしょ、デントコーン、小豆等多くの品目で被害額が増加している。

資料はこちら

過去調査結果

カテゴリー

page top