エゾシカとの衝突事故防止について

エゾシカによる交通事故の防止について

 エゾシカによる道路交通事故は、道路へのエゾシカの侵入・飛び出しによる車両の衝突またはドライバーの回避行動に伴う路外への逸脱、車両相互の衝突などがあります。


交通事故発生状況

 全道におけるエゾシカが関係する事故発生件数(届出件数)は、平成29年以降毎年2,000件を超え、令和元年は東部地域で1,269件、西部地域で1,703件、南部地域では216件の事故が発生しています。

  エゾシカが関係する交通事故発生状況

 特徴として、年間発生件数の約38%が10月から11月にかけて発生しており、時間帯では70%以上が16時から24時の間に発生しています。


交通事故を防止するには

 交通事故を防止するには、エゾシカの生態や習性を知ることが大切です。


1.早朝・夕方の運転に気をつける

エゾシカの活動のピークは日出と日没前後です。出没の機会が増えることに加え、周囲が暗くエゾシカに気付きにくいことから、気をつけて走行してください。


2.秋~初冬の運転に気をつける

10~11月はエゾシカの繁殖期で動きが活発になるほか、越冬地へ移動する時期にも重なります。
この時期は特に気をつけて走行してください。


3.夜間にライトが当たると目が光る

夜間の走行時、車のヘッドライトが反射するとエゾシカの目が光ります。暗いときに光るものが見えたときは、エゾシカがいるかもしれませんので、気をつけて走行してください。


4.車が近づいても逃げないことがある

道路上のエゾシカは、車のライトや走行音に反応して立ち止まることがあります。また、アスファルト上では蹄(ひづめ)が滑ってしまい、逃げるのが遅くなることや、焦って転ぶこともあります。


5.1頭だけとは思わない

エゾシカは群れで行動しています。2頭目以降が飛び出してくる可能性がありますので、1頭の横断を確認した後も警戒を怠らないようにしてください。



エゾシカによる交通事故防止の普及啓発

 道では、関係機関と連携し、エゾシカによる交通事故防止のための普及啓発活動を実施しています。

このページに関するお問い合わせ
環境生活部環境局自然環境課エゾシカ対策係
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:(011)231-4111 (内線24-359)
FAX番号:(011)232-6790
メールアドレス:kansei.ezoshika■pref.hokkaido.lg.jp
注)迷惑メール防止のため、■を小文字の@に変えてください。

カテゴリー

page top