食品表示に関するご相談について

食品表示に関する相談窓口について

 食品表示法は、「旧:農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」、「食品衛生法」、「健康増進法」の食品の表示に関する規定を統合し、食品の表示に関する包括的かつ一元的な制度として平成27年4月1日に施行されました。
 この法律では関係機関で役割を分担して担当していますので、内容によって相談窓口が異なります。
 なお、酒類の品質に関する事項は国税庁が所管しています。

【相談窓口及び所管事務の範囲】 

1 品質事項(名称、原材料名、原産地、内容量など)に関する相談窓口

◆札幌市域事業者
  主たる事務所や事業所が札幌市の区域内のみにある事業者の方は、札幌市(市民文化局市民生活部消費生活課)にご相談ください。

  → 札幌市(消費生活課)のホームページはこちらから

◆北海道域事業者
  札幌市域事業者以外で、主たる事務所や事業所が北海道の区域内のみにある事業者の方は、所在地を所管する(総合)振興局(保健環境部環境生活課)又は環境生活部くらし安全局消費者安全課にご相談ください。

  → 各(総合)振興局保健環境部環境生活課の相談窓口一覧 (PDF 67.4KB)はこちらから
  → 環境生活部くらし安全局消費者安全課への相談はこちらから (食品表示相談フォームへ)

◆広域事業者
  主たる事務所や事業所が北海道の区域外にもある事業者の方は、消費者庁(食品表示企画課)にご相談ください。

 → 消費者庁(食品表示企画課)のホームページはこちらから

2 衛生事項(添加物、アレルゲン、保存方法、期限表示、製造所など)に関する相談窓口

 製造所の所在地を所管する保健所へご相談ください。

 → 北海道内(札幌市、旭川市、函館市、小樽市を含む。)の各保健所の所在地と電話番号一覧は

   こちらから(厚生労働省ホームページへ)

3 保健事項(栄養成分表示など)に関する相談窓口

 製造所の所在地を所管する保健所へご相談ください。

 → 北海道内(札幌市、旭川市、函館市、小樽市を含む。)の各保健所の所在地と電話番号一覧は

   こちらから(厚生労働省ホームページへ)

カテゴリー

くらし安全局消費者安全課のカテゴリ

page top