北海道環境基本計画

北海道環境基本計画[第3次計画]

~ 循環と共生を基調とし環境負荷を最小限に抑えた持続可能な北海道を目指して~

 北海道環境基本計画は、環境の保全及び創造に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、長期的な目標や施策の基本的事項などを明らかにするもので、道では、1998年(平成10年)3月に環境基本計画[第1次計画]を策定し、その後、2008年(平成20年)3月には環境基本計画[第2次計画]を、2016年(平成28年)3月には、施策の方向などの見直しを行った第2次計画改訂版を策定してきました。

 これらの計画の下、環境に関する各種の施策を講じてきたことにより、大気環境や河川の水環境は概ね良好な状態が保たれ、知床世界自然遺産などすぐれた自然が残されているなど、順調に推移している分野がある一方、野生生物とのあつれきの発生や地球温暖化が原因の一つと考えられる豪雨災害、プラスチックごみによる海洋汚染などといった様々な課題が残されています。

 また、国は2018年(平成30年)に第5次環境基本計画を策定し、各地域が自立・分散型の社会を形成するとともに地域資源等を補完して支え合う「地域循環共生圏」の創造を目指して、環境・経済・社会の統合的向上に向けた取組を進めています。

 このような社会情勢の変化やこれまでの環境基本計画の進捗状況を踏まえ、道は、今後の本道の環境施策の方向性を示すため、循環と共生を基調とし環境負荷を最小限に抑えた持続可能な北海道を目指して、令和3年3月に「北海道環境基本計画 [第3次計画] 」を策定しました。

◆計画概要・本編

■ 計画の概要・本編は以下のとおりです。

・北海道環境基本計画[第3次計画](令和3年3月策定)

◆計画の進捗状況(点検・評価)

■ 北海道環境基本計画では、計画の着実な推進を図るため、計画に基づく施策の進捗状況を定期的に点検・評価することとしています。

■ 最新(第2次計画改訂版 令和3年度)の点検・評価結果は以下のとおりです。

◆これまでの計画

・北海道環境基本計画[第1次計画](平成10年3月策定)

・北海道環境基本計画[第2次計画](平成20年3月策定)

・北海道環境基本計画[第2次計画]改定版(平成28年3月策定)

カテゴリー

環境保全局環境政策課のカテゴリ

page top