北海道コカ・コーラボトリング(株)との連携協定

 北海道と北海道コカ・コーラボトリング(株)は、平成21年に「環境保全に関するパートナーシップ協定」を締結し、道内の各地域(水辺)で環境保全活動を行っている団体を応援する事業「北海道e-水(イーミズ)プロジェクト」を行っています!(平成26年1月より包括連携協定に基づく事業の一環として取り組んでいます)

2022年「北海道e-水プロジェクト」助成事業募集中!

2022年「北海道e-水プロジェクト」助成事業募集チラシ

 2022年の助成事業を募集しています。多くの団体の皆さまからのご応募、お待ちしております。

  • 募集期間:2022年1月4日(火)~2月28日(月) (※18時必着)
  • 対象事業:北海道内の水辺(川、海、湖沼など)における環境保全活動団体
  • 助成額:助成総額650万円 ※ e-水コース(上限200万円)、しずくコース(上限10万円)
  • 問合せ、申請先 (公財)北海道環境財団 011-218-7811

2021年 助成対象団体・事業内容

【 e-水コース(上限200万円) 】※五十音順
団体名事業名
1石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク浜厚真バイオブリッツ2021~キセキの海岸でホンキの生き物調査~
2大沼ラムサール協議会あそViva!まなViva!プロジェクト
3釧路自然保護協会釧路湿原自然再生事業 釧路川支川魚類生息環境の再生事業
4クッチャロ湖等保全対策協議会日本最北のお米作りチャレンジ!! 水田ビオトープと湿地の恵みの創出
5栗山町ハサンベツ里山計画実行委員会火薬庫の沢 子どもいきもの調査隊 ~見て・感じて・調べて・わかる~
6小松前川支流域環境保全ネットワークいにしえの水辺を守る(小松前川支流域環境保全活動)
7特定非営利活動法人しりべつリバーネット尻別川でのカワヤツメ資源復活を目指して ―カワヤツメの復活と治水安全度高める自然豊かな尻別川の川づくりを!―
8深川ひきがえるバスターズ外来生物アズマヒキガエルの駆除事業
【 しずくコース(上限10万円) 】※五十音順
団体名事業名
1旭山自然調査隊水辺の命 みんなの守るもの
2一般社団法人小樽セーリングクラブ海から行く、小樽市赤岩海岸クリーン活動
3特定非営利活動法人オホーツク自然・文化ネットワークオホーツク海沿岸地域を特徴づける希少な草本類と昆虫類の広域調査
4コドモリくらす 水辺から再発見!「水辺de幼稚園」
5渚滑川水系資源教育推進実行委員会滝上ウキウキリバー探検隊
6白老町環境町民会議ヨコスト湿原自然環境調査
7地域協働まちづくり会議高栄小校区きずな 高栄南公園ビオトープ環境整備
8手稲さと川探検隊札幌手稲の水中生態調査~手稲の川をのぞいてみると~
9十勝川中流部市民協働会議自動撮影カメラによる人工湿地に飛来する水鳥類モニタリング
10公益財団法人日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリウトナイ湖サンクチュアリ開設40周年記念イベント 美々川すいすいツアー
11特定非営利活動法人ビオトープ・イタンキ in 室蘭「獲物のあるビオトープ」での自然体験
12Friends of Shari River 斜里川を考える会斜里川のイトウ見守りプロジェクト
13特定非営利活動法人北海道エコビレッジ推進プロジェクト環境共生型汚水処理システムの モニタリングと普及啓発

2021キックオフミーティングを開催しました!

  • 日時:2021年4月20日(火)14:00~16:10
  • 場所:オンライン開催(YouTube)↓こちらからご覧ください(11:09頃から本編開始)

第12回北海道e-水フォーラムを開催しました!

  • 日時:2021年11月16日(火)14:00~16:30
  • 場所:オンライン開催(YouTube)↓こちらからご覧ください(10:12頃から本編開始)

寄付金をいただきました!

令和3年(2021年)年4月、北海道コカ・コーラボトリング(株)から、「い・ろ・は・す天然水555mlPET」の売上の一部、 2,967,188円(対象期間 令和2年11月~令和3年3月)を北海道e-水プロジェクトにご寄付いただきました。

寄付金実績 ※寄付先は(公財)北海道環境財団
寄附金贈呈年月対象期間寄附金額
平成22年12月平成21年12月~平成22年11月11,234,775円
平成23年12月平成22年12月~平成23年11月12,111,357円
平成24年12月平成23年12月~平成24年11月11,840,280円
平成25年12月平成24年12月~平成25年11月11,402,994円
平成26年12月平成25年12月~平成26年11月11,310,201円
平成27年4月平成26年12月~平成27年3月3,533,091円
平成27年12月平成27年4月~平成27年11月7,083,345円
平成28年4月平成27年12月~平成28年3月3,150,294円
平成28年11月平成28年4月~平成28年10月5,659,434円
平成29年6月平成28年11月~平成29年5月3,453,071円
平成30年3月平成29年6月~平成29年10月4,820,317円
平成30年5月平成29年11月~平成30年4月3,147,443円
平成31年1月平成30年5月~平成30年10月4,426,575円
令和元年6月平成30年11月~平成31年3月3,122,940円
令和元年11月平成31年4月~令和元年10月4,279,403円
令和2年5月令和元年11月~令和2年3月3,395,559円
令和3年1月令和2年4月~令和2年10月5,345,309円
令和3年4月令和2年11月~令和3年3月2,967,188円
累 計112,283,576円

覚書の署名式を行いました!

道は、協定に基づき取組内容や寄付対象商品等を定めた覚書を、(公財)北海道環境財団を加えた3者で締結しておりますが、この度、寄付対象商品を、コーヒー飲料「ジョージアサントスプレミアム」から、水辺の環境保全活動を連想しやすく、露出度が高くPR効果の向上が期待される「い・ろ・は・す 天然水555mlPET」に変更したことから、令和2年(2020年)2月20日(木)に改めて、覚書の署名式を行いました。

署名式写真1

署名式写真2

「第19回日本水大賞・審査部会特別賞」を受賞しました

日本水大賞は、日本水大賞委員会と国土交通省が主催し、平成10年6月に、安全な水、きれいな水、おいしい水にあふれる21世紀の日本を目指して、水循環の健全化に向けた諸活動を広く顕彰し、活動を支援するために創設された賞です。平成29年、北海道e-水プロジェクトは、「第19回日本水大賞・審査部会特別賞」を受賞しました!

受賞理由は次のとおりです。

『北海道は、大小さまざまな河川や湖沼が存在し、全国の湿地の約86%が集中し、積雪の多さなどから世界的に見ても貴重な水の大地といえます。この水の大地を、健全な形で次世代に引継いでいくことが重要です。北海道コカ・コーラボトリング(株)は、地域限定商品の売り上げの一部を使い、北海道、北海道環境財団の三者協働事業として、北海道e-水プロジェクトを実施しています。このプロジェクトは、水環境保全を目的としたフォーラムを開催したり、水生外来種駆除など環境保全活動を支援したりしています。企業が、社会的役割を認識して消費者と水循環健全化活動を結び付けていること、企業と行政と団体と協働することで実効性が高いことは特筆に値します。こ うした企業活動がさらに盛んになることを願い、審査部会特別賞にふさわしいと判断しました。』

協働事業としての評価が強調されていますが、このプロジェクトに呼応し、北海道の水環境の保全に現場で取り組んでいただいた団体の皆さまがいたからこそ、いただけた賞と考えております。引き続き、北海道の水環境の保全に向けて、ご協力をお願いいたします。

三者対談を行いました

北海道コカ・コーラボトリング(株)からの寄付は平成20年よりスタートし、平成28年末で累計1億円を超える寄付をいただいています。 高橋知事と北海道コカ・コーラボトリング(株)代表取締役社長の佐々木康行様、(公財)北海道環境財団理事長の小林三樹様がe-水プロジェクトのこれまでの成果や今後の展開などについて対談し、北海道新聞朝刊全道版(平成29年2月19日)に広告記事として掲載されました。

対談写真

ペットボトル資源循環の協働事業を開始

協定企業である北海道コカ・コーラボトリング(株)では、令和2年(2020年)9月10日から公益財団法人アイヌ民族文化財団と「ペットボトル資源循環の協働事業」を開始しました。
同財団が管理・運営する「ウポポイ(民族共生象徴空間)」にペットボトルの空容器回収ボックス「リバースベンディングマシン」を設置し、「ボトルtoボトル」のリサイクルを行うほか、空容器1本につき1円を同財団に寄附します。

カテゴリー

環境局循環型社会推進課のカテゴリ

page top